広告

広告

RSSフィード

フードリンクレポート

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 "オマール海老のつかみ捕り"で、一躍注目を集める存在となった佐野知成氏(株式会社orb代表取締役)が、緊急事態宣言が解除された6月21日(月)、本拠地の大阪・福島で8店舗となる「蒸っ酒 ぽっぽ」をオープンさせた。今回のお店も奇抜なアイデアが随所に盛り込まれており、この男の創出力には毎々、感心させられる。福島にナンパスポットの新名所が誕生した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 コロナ禍、「お一人さま」が注目されている。その代表格が焼肉ファストフードを標榜する「焼肉ライク」だろう。既に60店を越えた。だが、同じ肉業態なのに「ひとりしゃぶしゃぶ」は、パッとしない。なぜ?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 ハンバーグ主体のファミレス「びっくりドンキー」が朝食市場攻略に邁進している。数年前から一部店舗で実施していたが、全国へ拡大する。肉業態では「焼肉ライク」が「朝焼肉」を広げているが、「朝ハンバーグ」も定着していくのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 ブームが続く屋台酒場。京都・祇園四条の台湾夜市のような人気屋台酒場「夜市的 点心酒場 好(ハオ)」は2020年11月に約2倍の広さで移転オープン。コロナ禍にも負けず、連日行列と以前以上の人気となっている。人気の理由は、どうやらインスタグラムにUPしたくなる仕掛けにあるらしい。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 アトムという会社がある。名古屋に本拠がある東証2部上場企業で、コロワイドの子会社。売上高320億円の準大手と言える存在だ。ステーキ、寿司、居酒屋と幅広い業態を持つこの会社は、コロワイドがM&Aを仕掛ける時の別働隊としての役割を担ってきた。そしていざという時の「隠し財布」でもある。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 酒提供の場合、1組のお客は2名以下というルールができたことで、「お一人さま」が注目されている。ホットペッパーグルメ総研が実施した消費者調査によると、過去1年間に「一人外食」をした人は、45.9%にも及ぶという。フードリンクニュースは、飲食コンサルタント、堀部太一氏の協力で過去1年の時系列データを入手した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 コロナで2020年を過ごした上場企業の多くが赤字に陥った。ところが、その中で「V字回復」を見越し、黒字予想を発表している企業がある。その数16社。中には不振を極めている居酒屋系や、いったんは債務超過に陥ったのに復活を読んでいる意外な企業もある。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 6月21日(月)に始まるまん延防止等重点措置における酒提供の条件がようやく決まった。東京都・大阪府の場合、「2人客まで、11〜19時、90分」が基本だが、現場はどうすればよいか不透明な部分が多く、飲食店からは疑問の声が上がっている。その疑問と現在、分かっている詳細ルールを解説する。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 自宅でも泡までうまいビールを楽しむために、卓上型、ハンディ型、マドラー型、コースター型など様々なサーバーが発売されている。その多くが缶ビールにサーバーを装着して超音波が起動、泡が出る仕組みである。ビールの泡を楽しむにはこのタイプが主流であったが、本格的なビールサーバーを貸し出し、ビールを定期配送する"生ビールのサブスク"の利用者が増えてきている。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.8

 10都道府県に出ていた緊急事態宣言が解除となり、6月21日(月)からはまん延防止等重点措置に移行することが決まった。政府は「一定の要件」を元に酒類提供も可能と決めたが、最終判断は自治体トップの知事に丸投げ。知事も条件を決めきれないでいる。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 若者のアルコール離れが進んでいるなか、酒類メーカーの課題は自社アイテムを若者への飲用にどう繋げるかであり、各社マーケティングの強化を図っている。「若者に支持を得るのは容易なことではない!」と、頭を悩ませているが、第4次韓流ブームの波に乗り、チャミスルが若い世代の女子を中心に飲まれている。過去にも韓流ブームは何度かあったが、何故、ここにきてチャミスルが支持を得ているのか。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.3

 5月の月次速報第2弾。休業要請が出ていた前年より伸ばしている企業・ブランドが多いが、酒類提供の自粛を迫られた居酒屋系は、前年より大きく落とした。政府・自治体の要請とはいえ、赤字になっても「いい子」でいる必要はあるのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 国内外の一流シェフが在籍し、ハイコストパフォーマンスの料理を提供することで話題を集めてきた「俺の」シリーズ。今、再注目されているのが、高級食パン専門店「俺のbakery」ブランドで販売している「俺の罪悪パン」だ。5月15日より販売を開始し、わずか2週間で累計1万個を販売。1日100食を売る店舗もあるほどの人気ぶりだ。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスの株価が5月後半から急上昇している。6月15日(火)の終値は、516円で、1月15日(金)に記録した最安値242円の2.1倍となった。もしかして、買収か?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.3

 近年、全国的なブームとなっている昭和の純喫茶を再現したようなレトロ喫茶。リアルタイム世代には懐かしく令和世代には新しい、という側面以外に、ブームの理由が見えてきた。

続きを読む

過去の記事

Page Top