RSSフィード

経営者レポート

飲食店を独立開業し、実際に成功を収めている飲食店経営者レポートのページです。
料理のジャンルは問わず、様々な手法で人気の店舗へと導いた社長自身の経営ノウハウや
飲食店開業当初のエピソードなどをふんだんに盛り込んだ内容となっています。
「これから飲食店を始めようと思っている方」「飲食店を開業仕立てで、成功する秘訣を知りたい方」
「飲食店経営者のバックグラウンドが知りたい方」は必見です。
飲食業界を牽引している方々が持つ経営ノウハウや独立開業の経緯や想いを存分に吸収してください。

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「金の蔵」などの大箱居酒屋を中心に展開する三光マーケティングフーズ。2期連続の営業赤字の見込みだが、そこから、どう抜け出すのか? 2018年に創業家以外から初めてトップに立った長澤成博社長に聞いた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 2019年11月、「wired cafe」などを100店規模で展開するカフェ・カンパニーと、「つぼ八」創業者が経営した「ひもの屋」などを買収して企業規模を拡大してきたサブライムが経営統合することを発表して3カ月。クリエイティビティに特徴のあるカフェ・カンパニーと、経営管理能力に優れるサブライム。いまの状況をどう見ているのか、カフェ・カンパニーの創業者、楠本修二郎社長に聞いた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 かつて400店以上を展開したハンバーガーチェーン「ドムドム」。「マクドナルド」よりも早くチェーン展開を開始し、旧ダイエー傘下で独特の地位を築いていた。多くが閉店し、わずか30店規模になった現在、再生を担うのは、かつて専業主婦だったドムドムフードサービスの藤崎忍社長。2020年は創業50周年に当たる。巨人だらけのハンバーガー市場で、どんな未来像を描くのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「ドムドム」というハンバーガーチェーンをご存知だろうか? 実は「マクドナルド」より早くチェーン展開を開始し、旧ダイエー傘下で「ダイエー」のショッピングセンター内などに多くの店舗を構えていた。現在は、ホテルや事業再生を手がけるレンブラントホールディング(HD)が親会社となり、規模も縮小しているが、以前から「お好み焼きバーガー」などユニークな商品を投入する姿勢は今も変わっていない。現状はどうなのか。経営主体、ドムドムフードサービスの藤崎忍社長に直撃した。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 サラダ専門店「クリスプ・サラダワークス」を東京都内に15店を展開する宮野浩史社長。「熱狂的なファンを作りたい」と始めた事業だが、特殊な業態だけに立地を選ぶ。今後の成長戦略は?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「商売にならない」と言われ続けてきたサラダ専門店を事業化し、東京都内に15店を展開する「クリスプ・サラダワークス」。「フードリンクニュース」も加盟する外食産業記者会が贈る「外食アワード2019」も受賞した宮野浩史社長は、「やりたいことをやったら、結果的にうまくいっただけ」と言うが、細かく聞くと成功する要素がいくつもあった。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 国内外で1700店あまりを展開するトリドールホールディングス(HD)。国内ではM&Aで「丸亀製麺」の次の柱を探りながら、海外展開を積極化している。目標は「2025年、6000店・5000億円」。壮大な目標達成に向けて打っている手は?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 国内830店を誇る、うどん界のガリバー「丸亀製麺」。高成長を続け、経営するトリドールホールディングス(HD)は、上場外食企業売上高で8位に入る1500億円企業となっている。ただし、2年ほど前に既存店が前年を割り続ける異変が起きた。そこをどう乗り越え、復活してきたのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 升を階段状にして、そこに刺身を盛り付けるエンターテインメント性で話題となり、26坪で1400万円以上を売る福岡「魚男(フィッシュマン)」。居酒屋「金の蔵」、海鮮居酒屋「魚や一丁」のリブランディングを手がける、オーナー森智範氏は、「コンセプトや料理の改善では足りない」と語る。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 26坪で1400万円以上を売り、升を階段状にして、そこに刺身を盛り付けるエンターテインメント性で話題となった福岡「魚男(フィッシュマン)」。そのオーナー森智範氏が大手居酒屋チェーンのリブランディングを手がけ始めている。既に、居酒屋「金の蔵」、海鮮居酒屋「魚や一丁」との連携が始まった。苦闘を続けるチェーン居酒屋は再生できるのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 アルバイトから、吉野家の社長まで進んだ安部修仁会長。社長在任時の最大の危機であったBSE(牛海綿状脳症)をどう乗り越えたのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 吉野家の経営の最前線から離れた安部修仁会長。今は吉野家のオフィスを離れ、外から「吉野家」を見ている。アルバイトから、吉野家の社長まで進んだ人から見た吉野家の強さは、どこにあるのか?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

2018年7月のオープン以来、月商が好調な「焼売酒場 いしい」は、シュウマイという尖ったコンセプトの酒場であり、来店客は1日平均、平日は110人、土日は、150人、1ヵ月に3,000~4,000人前後を集客している。「大手居酒屋チェーン様 TTP 大歓迎ですよ!!」(後編)。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

2019年の外食を振返ると、餃子バルや餃子酒場が落ち着きはじめたなかで、ポスト餃子として「焼売」に注目が集まっている。東京でも、「焼売」をコンテンツにしたニューオープンが目立った。焼売ブームの兆しが見えるなか、恐らく、全国の業界関係者から注目を浴びているのが、九州福岡の天神にある「焼売酒場いしい」ではないだろうか。2018年7月のオープンから丸1年が経ち、福岡の食文化に「焼売」を根付かせ、連日満席の繁盛店に育てた、株式会社ドラマティック代表取締役 石井克典氏 、取締役 吉崎一哉氏の2名に「焼売酒場いしい」の魅力を聞いた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 苦しんでいた鳥貴族が新規出店の凍結、不採算店の閉店、経営管理の強化と矢継ぎ早に手を打っている。9月は久しぶりに客数が前年を超えた。これからの成長戦略をどう描くのか? 大倉忠司社長に直撃した後編。

続きを読む

過去の記事

Page Top