RSSフィード

経営者レポート

飲食店を独立開業し、実際に成功を収めている飲食店経営者レポートのページです。
料理のジャンルは問わず、様々な手法で人気の店舗へと導いた社長自身の経営ノウハウや
飲食店開業当初のエピソードなどをふんだんに盛り込んだ内容となっています。
「これから飲食店を始めようと思っている方」「飲食店を開業仕立てで、成功する秘訣を知りたい方」
「飲食店経営者のバックグラウンドが知りたい方」は必見です。
飲食業界を牽引している方々が持つ経営ノウハウや独立開業の経緯や想いを存分に吸収してください。

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

  大阪市内のキタエリアを中心に「和酒 吟蔵」など居酒屋5店舗と「ジャックとマチルダ」など立ち飲み5店舗の10業態10店舗を展開するクラマ計画。物理学大学院を出て、アインシュタインに憧れる社長が考える「組織的個人集団」とは。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 大阪市内のキタエリアを中心に「和酒 吟蔵」など居酒屋5店舗と「ジャックとマチルダ」など立ち飲み5店舗の10業態10店舗を展開するクラマ計画。「組織的個人集団」を謳い、個人店と組織、双方のメリット良いところ取りのハイブリット経営で注目を集めている。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 長谷川泰三氏は、2010年代前半、「漁港直送海鮮七輪焼き わい家」と300円均一業態の「漁港直送海鮮七輪焼き ワイヤ」が大ヒット。最盛期にはFC含めて約30店舗まで拡大したが14年に全店を閉店。再びどん底から這い上がり、17年8月、大阪・心斎橋にオープンした「天ぷら酒場 天ぷらY」がインスタグラムで連日満席の大人気となり、再び店舗展開を目指している。復活した外食経営者物語の後編。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 長谷川泰三氏の「フードリンクニュース」への登場は、2011年10月の第1回「R関西」で登壇以来のこと。2010年代前半、「漁港直送海鮮七輪焼き わい家」と300円均一業態の「漁港直送海鮮七輪焼き ワイヤ」が大ヒット。最盛期にはFC含めて約30店舗まで拡大したが14年に全店を閉店。どん底から這い上がり、17年8月、大阪・心斎橋にオープンした「天ぷら酒場 天ぷらY」がインスタグラムで連日満席の大人気となり、再び店舗展開を目指している。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 飲食業界で知る人ぞ知る、CFOコンサルティングの鈴木大徳社長。飲食企業の財務・経理のアドバイスを手掛け、その数は300社にも及ぶ。その経営ポリシー、そして飲食企業への期待は?(聞き手は、フードリンクニュース編集局長・遠山敏之)

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 飲食業界で知る人ぞ知る人がいる。CFOコンサルティングの鈴木大徳社長だ。飲食企業の財務・経理のアドバイスを手掛け、その数は300社にも及ぶ。上場企業も多く、DDホールディングス(ダイヤモンドダイニング)や串カツ田中、鳥貴族などの著名企業も扱った。飲食と「お金」、そして上場に必要な要素とは何か、を聞いた(聞き手は、フードリンクニュース編集局長・遠山敏之)

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

「COCO壱番屋/が席巻している「カレー」市場。そこで第2位のチェーンである「ゴーゴーカレー」。80店程度ではあるが、金沢カレーというマーケットを開拓してきたゴーゴーカレーグループはどこへいくのか。宮森宏和社長の野望

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「COCO壱番屋」が席巻している「カレー」市場。そこで大きく引き離されているとはいえ、第2位のチェーンである「ゴーゴーカレー」。金沢カレーという切り口で、新しいマーケットを開拓してきた宮森宏和社長は、新たな事業展開を積極化している。とはいえ、まだ50店強。これからの事業展開をどう考えているのか?(聞き手は、フードリンクニュース代表・安田正明)

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

 外食アワード2010を受賞しながら、業績不振で倒産の憂き目にあった安田久氏。現在は「外食虎塾」の塾長として、外食企業トップとのネットワークをいかして、高額セミナーを実施するとともに、コンサルタント事業も広げている。多くの顧問先を持つようになった安田氏がいま地方の飲食企業をどう見ているのか。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 外食アワード2010を受賞しながら、業績不振で倒産の憂き目にあった安田久氏。現在は「外食虎塾」の塾長として、外食企業トップとのネットワークをいかして、高額セミナーを実施するとともに、コンサルタント事業も広げている。近況を聞いた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 外食専門誌紙で構成する外食産業記者会がその年に活躍した経営者を評価する「外食アワード」。その2018年を受賞したのが「BEETLE」などを展開するプロダクトオブタイムの千倫義社長。大衆酒場をリメイクした「ネオ大衆酒場」の旗手と言われるが、実際、どういうビジネスモデルを志向しているのか?そして今後は?

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

外食アワード2018を受賞したプロダクトオブタイムの千倫義社長。「BEETLE」を作り出した店つくりの考え方を聞いた。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 焼肉市場は26ヶ月連続で前年を上回っており、外食市場を牽引している市場である。食べ放題、オーダーバイキングも定着し、大手居酒屋チェーンも続々と焼肉市場へ参入してきた。今では、当たり前の焼肉食べ放題を41年前にオープンしたのが、「すたみな太郎」である。経営する株式会社江戸一・津村社長に聞く後編。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

昨今の肉ブームもあり、焼肉市場は26ヶ月連続で前年を上回っており、外食市場を牽引している市場である。食べ放題、オーダーバイキングも定着し、大手居酒屋チェーンも続々と焼肉市場へ参入してきた。今では、当たり前の焼肉食べ放題を41年前にオープンしたのが、「すたみな太郎」である。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 外食専門誌紙で構成する外食産業記者会がその年に活躍した経営者を評価する「外食アワード」その2018年を受賞したのが「BEETLE」などを展開するプロダクトオブタイムの千倫義社長。大衆酒場をリメイクした「ネオ大衆酒場」の旗手と言われるが、東京・五反田の店で爆発事故を起こしてもいる。何があったのか、そして店つくりの思いは?

続きを読む

過去の記事

Page Top