RSSフィード

経営者レポート

飲食店を独立開業し、実際に成功を収めている飲食店経営者レポートのページです。
料理のジャンルは問わず、様々な手法で人気の店舗へと導いた社長自身の経営ノウハウや
飲食店開業当初のエピソードなどをふんだんに盛り込んだ内容となっています。
「これから飲食店を始めようと思っている方」「飲食店を開業仕立てで、成功する秘訣を知りたい方」
「飲食店経営者のバックグラウンドが知りたい方」は必見です。
飲食業界を牽引している方々が持つ経営ノウハウや独立開業の経緯や想いを存分に吸収してください。

飲食店経営者レポート

2018年11月21日(水)16:39

連載「サービスを磨く」というキャリアアップの道(後編)

松村康夫氏 株式会社絶好調 専務取締役

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

松村康夫氏 株式会社絶好調 専務取締役。第10回S1サーバーグランプリ優勝(2015年3月)■私はS1に責任を負っている。だから会社の挑戦する姿勢を支えていく 松村氏がS1に出場することになったきっかけはこうだ。絶好調では、全社的に接客力を上げることを目的にS1に挑戦することを第8回開催(2013年)当時から取り組むようになった。 松村氏は「ろばた焼き絶好調...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年11月20日(火)17:27

クラフトビールの定義は自由。よりクラフトをわかりやすく、飲用体験を広げていきたい。

島村宏子氏 スプリングバレーブルワリー株式会社 代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

 キリンが展開するクラフトビールレストラン「スプリングバレーブルワリー」(以下:SVB)の新社長に、10月1日付で島村宏子氏が就任した。2015年3月に開業してから、ときには全国のマイクロブルワーと手を取り合い、ときには他業態とのコラボレーションをはかるなど、世の中へのクラフトビール発信を積極展開してきた同社。代表が替わることで今後の展開に何を望むのか、クラ...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 大阪で肉料理業態を展開する「Da-Wa(ダーワ)」グループから、オーナーの和田直喜氏の焼肉業界歴約20年の経験と技術を活かし、ホルモンの魅力を掘り下げる「ホルモン専門店&BBQビアガーデンDa-Wa」が7月にオープンした。福島の「すみび焼肉 Da-Wa」、阿波座の「串肉料理Da-Wa」に続く、3店舗目になる。 ホルモンは常時20種類以上、390円から。メニ...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 コロワイドは、2017年度の外食上場企業の売上高ランキング(フードビジネス研究所資料参照)で第3位の規模を誇る日本を代表する外食企業の一角である。そんな同社が誇る焼き鳥業態「やきとりセンター」は、2012年6月18日に新宿歌舞伎町店をオープンして以降、焼き鳥居酒屋として若年層の心を捉え、潜在顧客を取り込みながら親しまれてきた。現時点で、全国に39店舗を展開...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年10月31日(水)15:48

京都発、美味しい日本茶を日常で楽しんでもらう新世代の日本茶スタンド「YUGEN」。

須藤惟行氏 株式会社LiV 代表取締役

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 美味しい日本茶を気軽に味わえる日本茶スタンド「YUGEN」が7月8日、京都・河原町にオープンした。開店に先立ってはクラウドファンディング「キャンプファイヤー」で目標金額100万円を僅か8日間で達成。コンセプトのユニークさが話題となり、早くも人気を集めている。 インスタグラムなどSNSにUPするお客様も多い「ほうじ茶ラテ」(550円)。1杯ずつ丁寧に作られる...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年10月30日(火)13:05

ヒット業態連発のマリブ、「焼きそば専門 水卜」を出店攻勢へ。

浜口太志氏 株式会社マリブ 代表取締役

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

「サバ6製麺所」「マリブ食堂」「穴子家NORESORE」など、数々のオリジナル業態をヒット業態に育て上げ、バイアウトしてきた株式会社マリブ。「焼きそば専門 水卜(みうら)」「自

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年10月17日(水)17:33

開拓者でありながら王道には行かない。ロックな精神で我流を貫くクラフト界のビールボーイ。

田中 徹氏 株式会社ステディワークス  代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 ビール市場全体が低迷する中、唯一の成長路線を見せるクラフトビール。専門店でなくても珍しくなくなり、キリンの仕掛ける「タップマルシェ」などの影響もあり全国に広がっている。このムーブメントを外食店として盛り上げた開拓者といえば、「株式会社ステディワークス」(東京都千代田区)の田中 徹社長だ。代表店は「クラフトビアマーケット」だが、一方で昨年からは「居酒屋ビール...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年10月09日(火)15:01

ワンダーテーブル次の一手。秋元巳智雄氏ロングインタビュー。

秋元巳智雄氏 株式会社ワンダーテーブル 代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

■あの「ピーター・ルーガー」が、ワンダーテーブルと組んだ理由。↑↑詳しくはこちら この夏、ワンダーテーブルが「ピーター・ルーガー」、「ジャン・ジョルジュ」といった海外の超大物ブランドと立て続けにライセンス契約を結んだ。とくに業界を驚かせたのが、これまで海外はおろか本国での多店舗展開すら行ってこなかったアメリカンステーキの本家本元「ピーター・ルーガー」とのライ...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年10月05日(金)12:49

「牛角」創業者、西山氏が新業態「焼肉ライク」で見据える未来像。

西山知義氏 株式会社ダイニングイノベーション 代表取締役会長CEO

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「牛角」の創業者である西山知義会長率いるダイニングイノベーションが、8月末に新業態「焼肉ライク」の1号店を新橋にオープンさせた。一人1台の無煙ロースターで好きな部位を好きなだけ楽しめる〝焼肉ファーストフード〟をコンセプトにした店だ。この業態の開発経緯、さらに現在、積極的に進めている海外展開について、西山知義氏に聞いた。株式会社ダイニングイノベーション代表取...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年10月03日(水)13:51

  • 外食リーダーレポート

新体制になった「ジャン・ジョルジュ トウキョウ」が目指すもの。

秋元巳智雄氏 株式会社ワンダーテーブル 代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 この夏、ワンダーテーブルは「ピーター・ルーガー」、「ジャン・ジョルジュ」といった海外の超大物ブランドと立て続けにライセンス契約を結んだ。「ジャン・ジョルジュトウ

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年9月27日(木)16:12

「短角牛」の飼育から関わり、上質な国産赤身肉を提供。

秋元巳智雄氏 株式会社ワンダーテーブル 代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 この夏、ワンダーテーブルが「ピーター・ルーガー」や「ジャン・ジョルジュ」といった海外の超大物ブランドと立て続けにライセンス契約を結び、業界を驚かせた。名だたる海外ブランドの誘致を積極的に行う同社だが、実は国内でもその資源を掘り起こし、ブランド化する取り組みを行っている。その一つが、3年前から岩手県山形町で行っている、短角牛の飼育プロジェクトだ。その狙いを代...

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年9月20日(木)11:08

  • 外食リーダーレポート

ロブション氏の死を経て、獺祭がパリで目指すもの。

桜井博志氏 旭酒造株式会社 会長

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 8月6日にフレンチの神様、ジョエル・ロブション氏ががんで亡くなった。6月には獺祭の蔵元・旭酒造とコラボした「ダッサイ・ジョエル・ロブション」をパリにオープンさせ

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年9月19日(水)11:18

  • 外食リーダーレポート

あの「ピーター・ルーガー」が、ワンダーテーブルと組んだ理由。

秋元巳智雄氏 株式会社ワンダーテーブル 代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 この夏、ワンダーテーブルが「ピーター・ルーガー」、「ジャン・ジョルジュ」といった海外の超大物ブランドと立て続けにライセンス契約を結んだ。とくに業界を驚かせた

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年9月18日(火)11:29

  • 外食リーダーレポート

アメリカの肉市場をエイジングシートで一新させたい。

跡部美樹雄氏 株式会社フードイズム 代表取締役 

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

熟成肉を簡単に、安定的につくることができる「エイジングシート」を、明治大学農学部教授 村上周一郎氏と共同開発した株式会社フードイズム。かつてのブームは一段落したものの、エイジングシートを使った熟成肉のメニューを提供するレストランやホテルは着実に増えている。そこで同社の今後のビジョン、戦略を代表取締役の跡部美樹雄氏に聞いた。

続きを読む

飲食店経営者レポート

2018年9月12日(水)16:05

発酵熟成豚しゃぶで世界に勝負をかける、そらの戦略とは?

都築学氏 株式会社そら 代表取締役

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

 千葉県船橋市に拠点を置き、「うっとり」や「あばら大根」などの居酒屋、イタリアンの「Azzurro520」など、20店以上を千葉や東京に展開する株式会社そら。最近では「佐田十郎」で発酵熟成鶏の焼き鳥メニューの提供を始め、串焼き業態の新たなブランド「十八番」の出店も積極的に進めている。その狙いと今後のビジョンを、代表取締役の都築学氏に聞いた。株式会社そら代表取...

続きを読む

過去の記事

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1