RSSフィード

本日のPICKUP!

経営者レポート

2018年1月23日(火)14:52

極端な権限移譲と情報開示のスケルトン経営。"本物の上質"を追求する仕事術。

萱場俊克氏 CLASSIC INC. 代表取締役

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

 オールデイダイナー「TAMEALS」(タミルズ)をはじめ、ハイセンスな飲食店を都内に計10店舗展開する「CLASSIC INC.」(東京・渋谷区)。代表は1972年に仙台で生まれ育ち、18歳のときから外食ひと筋で地元のグルメシーンをけん引してきた萱場俊克氏だ。もともとは仙台の運営元に所属しながら東京の陣頭指揮を執っていたが、改めて社内M&Aの形で都...

続きを読む

最新記事

写真

記事への評価 ★★★★★4.0

 新橋駅から程近い場所で、スタイルスグループが展開する「肉炉端TOKYO BAT」。インフュージョンサワーと題して「漬け込み酒」350円(外税)~、「漬け込みフルーツビネガーサワー」各430円(外税)がある。こちらの会社は鮮魚主体の炉端焼を得意とし、仙台から2014年に東京へ進出。現在は都内にも他4店舗を展開している。こちらのお店は、新橋のマーケットに合わせ...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

「山小屋」、「ばさらか」、「一康流」などラーメン事業を始め国内外合わせて 160 店舗を運営するワイエスフード

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.3

リクルートライフスタイルが訪日経験のある5ヶ国(韓国、中国、アメリカ、インド、ドイツ)居住者の外国人に対し、訪日旅行中に体験したことや飲食したものなど観光資源について調査を実施した。

続きを読む

経営者レポート

2018年1月22日(月)22:29

飲食企業発のドタキャン特効薬!飲食店、ユーザー、双方が得する「#tokuto_seki」。

熊脇稔康氏 株式会社win.win.win 代表取締役

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

 多い月に100人を超えた直前キャンセルや無断キャンセル対策として、16年4月に関西初の会員制を導入した「熊の焼鳥」。今や会員4000人、3カ月前でも予約が困難な人気店となった。店主の熊脇稔康氏が「チケットぴあ」とタッグを組んで仕掛ける新たなサービスが、予約が取れない飲食店の席を、前売りチケット制で購入できる「#tokuto_seki(以下トクトウセキ)」だ...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

名門店から2人のバーテンダーが独立します。伝説のバーテンダー、故大槻健二さんの「バー・オーパ」から岩本優志さんが「パー・アンプラグ」を人形町に1月24日、NBA会長の岸久さんの「スタアバー」から山崎剛さんが「バー・ゴヤ」を銀座に2月1日、

続きを読む

経営者レポート

2018年1月19日(金)17:57

鳥貴族の値上げ真意。「従業員が誇りを持てばQSCも上がる」。

大倉忠司氏 株式会社鳥貴族 代表取締役社長 

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

鳥貴族の大倉社長に、昨年10月に行った値上げの真相をきいた。 昨年10月1日、全品280円が売りだった鳥貴族が298円へと一斉値上げをした。28年振りのこの値上げは、マスコミでも大きく取り上げられた。値上げ後、10月は客数が減ったこともあり、業界内には〝値上げは失策だったのでは〟との声も上がったが翌月には回復。長引く個人消費の低迷や人手不足による人件費の高騰...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

 外食産業関連の専門誌15社で構成される外食産業記者会は、その年に話題になった人を表彰する「外食アワード2017」を発表した。今年の受賞者は以下の通りとなっている。また、その年を象徴する「外食キーワード」も決定、6つのキーワードが選ばれた。もちまつ・やすひろ■用松 靖弘 氏株式会社 テン コーポレーション 代表取締役社長《表彰理由》同社が展開する「てんや」は...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.3

 ビール5社が加盟するビール酒造組合が、2017年1~12月の市場動向レポートを発表した。発泡酒等を含まない酒税法上のビールが対象。容器別販売では、瓶6.5%減、樽2.2%減ながら、ビール市場が縮小する中、業務用(外食向)の構成比0.3%ポイント上昇。「とりあえずハイボール」が進んでいるが、ビールにとって外食は販売維持の砦と言える。2018年、大手ビール会社...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

2017年の外食関係業者の倒産は707件(前年比26.9%増加)と、1月16日に帝国データバンクが発表した。これは2000年の調査から過去最多となり、2000年(148件)と比べて4.8倍となる。外食業界全体の体質改善が急務である。※帝国データバンク資料参照 ...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

「ミシュランガイド東京」では2012年以降7年連続、最新の「ミシュランガイド東京2018」においても三ツ星。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

開業は、2016年9月24日。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

今回初の試みとして、ゲームデーには提供するメニューを限定し、お客様の待ち時間を短縮できるように配慮。イベント前に立ち寄って、シェイク シャックを片手に野球観戦を堪能できる。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 港区、田町駅から徒歩約5分の所にあるイタリアンレストラン「イゾラ デル ノルド」。ランチメニューのドリンクで「サンペレグリノ」をセットにすると、そちらはなんと飲み放題。土地柄、周りに飲食店はそう多くないエリアであり、ランチメニューは「サラダランチ」が1500円(外税)~と決して安い価格ではないが、ディナーには1キロからオーダーが可能な炭焼きTボーンのビステ...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.8

  築地市場近くにある「羽田市場 銀座直売店」。「天然生マグロ丼」と「天然生マグロ丼」各990円(税込)がランチタイムに数量限定で提供している。ランチのマグロは毎日、沖縄から空輸される天然の生マグロを、幕の内弁当のような器で提供し、自分でトッピングして食べるスタイルで、接客や無駄な盛り付けなどのオペレーションは極めて簡略化されている分、得意の魚を安いまま提供...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

熊本県は、大人の街、赤坂にある人気店「スナック玉ちゃん」とコラボした自治体初のコラボスナック「スナックくまちゃん」 のオープニング記者発表会を、初日の1月17日(水)に実施店舗にて開催する。首都圏における自治体プロモーションは、駅前広場や百貨店、期間限定カフェなどがあるが、自治体とスナックとのコラボは初の試みで、ここではお酒や食、県民との交流を通じて、熊本の魅力を体験すること

続きを読む

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。