スマートフォン版のフードリンクニュースを見る

広告

RSSフィード

ニューオープン

外食ニュース

2024年6月19日(水)05:33 ニューオープン

銀座に志かわ社長の宅配ピザ「テンフォー」、ピザ、丼、次にラーメン宅配。宅配でフードコート。

記事への評価

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
0.0

取材・執筆 : 安田正明 2024年6月19日

キーワード :      

 北海道生まれの宅配ピザチェーン 「10.4( テンフォー )」 を運営する、株式会社テンフォー( 本社:北海道函館市、代表:髙橋 仁志)が、6月15日(土)より、新たな業態として宅配専門のラーメン店「ラーメン案内所104(らーめんあんないじょいちまるよん)」を北海道内の既存店、宅配ピザ店舗で先行オープンさせた。

<関連記事>
deliS.gif
デリバリー、利用者の6割が不満。品質向上のため自社宅配に動く大手は、宅配ピザチェーンを狙う
https://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2020/12/2284453.html

銀座に志かわ社長の宅配ピザ「テンフォー」、肉丼もデリバリー。宅配フードコートプロジェクト。
https://www.foodrink.co.jp/news/2023/09/0675116.html

串カツ田中、総菜宅配「 つくりおき.jp 」参入でキッチンを開業。セントラルキッチンのノウハウも取得。
https://www.foodrink.co.jp/news/2024/05/2172035.html


 ラーメンは、北海道産牛ひき肉入りの濃厚なスープや、厚切りのブロックチャーシュー、炒め玉ねぎなどをトッピングし、こだわりが随所に散りばめられているという。特に麺は北海道札幌市の老舗製麺所・西山製麺の特製ちぢれ麺を使用することで濃厚なスープとの相性を最大限に引き出す。他にも炒飯や餃子、お得なセットメニューなどサイドメニューも充実。既存ブランドの「宅配ピザ テンフォー」「第104 代肉横綱」の商品も一緒に届ける。 「濃厚みそ」「とんこつしょうゆ」「白湯(ぱいたん)しお」各1,400円(税込1,512円)。

 テンフォーは、2022年から「宅配フードコートプロジェクト」を掲げ、新ブランドとして新店舗をかまえる訳ではなく、あえて既存の店舗に業態を増やし、ひとつの店舗からたくさんの種類の食事を届ける仕組み。同社は小さな街に出店しており、その街の食のインフラになろうとしている。

 高級食パン専門店「銀座に志かわ」を展開する株式会社銀座仁志川(本社:東京都中央区)の代表取締役である髙橋 仁志氏が経営する株式会社コイサンズ(本社:三重県津市)が、23年1月に株式会社焼肉坂井ホールディングス(本社:愛知県名古屋市、代表:阿久津 貴史)からテンフォーを買収した。

ramenannai.gif

読者の感想

興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ
送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

( 興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

Page Top