スマートフォン版のフードリンクニュースを見る

広告

RSSフィード

IR情報

外食ニュース

2023年6月02日(金)08:21 IR情報

GYRO、中国・山陰にも出店するイタリアン「ESOLA」を買収。地方進出へ。

記事への評価

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
0.0

取材・執筆 : 安田正明 2023年6月2日

キーワード :    

 GYRO HOLDINGS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:根本 寿一)が、株式会社ヴィクセス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中元 孝太)傘下でイタリアン「ESOLA」を展開する株式会社ESOLA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中元 孝太)の株式を取得し、子会社化すると発表した。

<関連記事>
nemotogyroS.gif
「攻めのM&A、新生GYRO HOLDINGSは台風の目になるかも?」 根本寿一社長 独占インタビュー
https://www.foodrink.co.jp/management/2022/11/1770941.html

「GYRO HOLDINGSが買収した焼肉ブランド『牛8』って、どんなお店?」 焼肉に"絶対的美少女"を持ち込んだ焼肉チェーンかも?
https://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2022/10/0782340.html

「牛8」売却、でも10年で有言実行「上場宣言」。和牛のプラットフォーマーに。パッション&クリエイト 豊島社長。
https://www.foodrink.co.jp/management/2022/11/1872544.html


 「ESOLA」は15店舗。東京・神奈川以外も新潟、鳥取、山口、島根にも店舗がある。ちなみに新宿店は、GYRO子会社の株式会社パートナーズダイニングがフランチャイジーとして運営している。

 同時に、同社子会社の株式会社パートナーズダイニングと株式会社ティーケーエスが、株式会社 縁尽(えんじん、本社:東京都中央区、代表:三宅 修司)から「yaesu海老talianバル ルクア大阪梅田店」「かきカツオLINKS UMEDA」「焼はまぐりstandLINKS UMEDA」「幸の鳥」の関西4店舗を譲り受ける。

 GYROは都市部を中心に国内214店舗、海外2店舗、業態数95を展開しているが、さらに幅広い業態を持つことにより、食材の安定的な供給、コストの削減、そして品質の安定的な維持を図るだけでなく、多様な業態を抱え多様化する顧客ニーズに応えることで顧客満足度を向上させることができるとする。また、ESOLAが中国・山陰地方などにも店舗を持ち、縁尽から取得する関西4店舗となり、地方郊外エリアへの進出機会が一挙に拡がる。また、譲受ブランドのフランチャイズ展開も視野にいれている。

esola.gif
「ESOLA」

読者の感想

興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ
送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

( 興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

Page Top