RSSフィード

本日のPICKUP!

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

消費者の健康意識が年々高まるとともに、国際化によりベジタリアンやヴィーガンへの理解が深まる日本。昨今はSDGsも浸透し、野菜への注目度は一層深まるだろう。そんな折、野菜のリーディングカンパニーであるカゴメが「ベジタブルソリューション2020」と題した外食・中食関係者への展示会を行った。同社が捉える野菜トレンドとは? そしてどんな新商品を訴求しているのか。筆者が注目したブースを中心に、レポートしていきたい。

続きを読む

最新記事

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 居酒屋大手、大庄(本社:東京都大田区、代表取締役社長:平 了寿)の新業態「お魚総本家」。同社の代表ブランドといえば「庄や」「日本海庄や」であるが、「お魚総本家」はそのフラッグシップといえる。店舗の場所は東京・池袋の西口。店長へのインタビューとともに、特徴を紹介しよう。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が運営するミスタードーナツが、1月27日(月)に、事業創業50周年を迎えることを機に、1号店であるミスタードーナツ箕面ショップをリニューアルオープンさせる。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.1

 株式会社ハイデイ日高の代表取締役会長・執行役員会長の神田正氏。外食産業記者会が東京・池袋の展示会「居酒屋Japan」内で実施した特別セミナーで、創業時の苦労を語った。神田氏の社会人体験、店を成り立たせるための情熱、そして創業メンバー三人とともに仕組みづくりを整えていった歴史。80代間際になりながら、パッションを爆発させるバイタリティは、すごかった。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 2018年の外食市場規模は、25兆7692億円(日本フードサービス協会より)。インバウンド効果も後押しし、7年連続前年超えと好調だ。だがそれ以上に、9年連続で規模を拡大させているのが中食市場。ここで勝つには「ある」ポイントがある。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

2020年6月下旬に開業する「日比谷OKUROJI」に入居する44テナントをジェイアール東日本都市開発が発表した。有楽町駅~新橋駅間の100年の歴史を刻む煉瓦アーチが特徴的な300mの高架下空間をリノベーションした商業施設。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

関西を中心にセンバキッチンやgood spoonなどを運営する株式会社カームデザイン(本社:大阪市西区、代表取締役:金澤 拓也)が、牛骨髄を目の前でかけるパスタを名物とする新業態「イタメシヤ エイト」を2020年1月30日に大阪・中崎町でオープンさせる。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.4

 「居酒屋の神様」と呼ばれる人がいる。楽コーポレーション社長の宇野隆史氏。自身の会社で20店弱を展開しているが、そこで働き、独立した「弟子」たちは100人以上にのぼる。しかもみな繁盛店だ。その宇野氏が展示会「居酒屋Japan」内の外食産業記者会主催の特別セミナーで、持論を語った。「〜飲食店は流行ではなく自分を売る仕事〜だからこそ「個人店」の強さは不変です?」。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

カフェ「プロント」などをチェーン展開する株式会社プロントコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 典彦)が、ワイン酒場「Di PUNTO(ディプント)」の直営・フランチャイズ合わせて40店舗目として、1月31日(金)に吉祥寺店をオープンさせる。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 福岡市大名にある人気店「Yorgo(ヨルゴ)」を訪ねてみると、平日中日にも限らずほぼ満席の状態だった。約25坪の店内はオープンキッチンがメインで、客席は厨房を囲むコの字カウンターのみ約35席。平均客単価6500円、月商約1000万円をたたき出す大繁盛店だ。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

クラフトコーラ専門店「伊良コーラ(いよしコーラ)」(代表:コーラ小林)の総本店が2020年2月28日(金)、東京・下落合にオープンする。2018年7月に東京に誕生した、世界で初めてのクラフトコーラ・ブランド。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「くら寿司」がグローバル展開を見据えた店舗を東京・浅草にオープンした。米国、台湾に続き、中国・上海にも出店予定で、著名クリエイディブディレクターの佐藤可士和氏を採用し、従来、国ごとにバラバラだったロゴを統一するという。でも現状、国内では一人負けだ。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(所在地:大阪府堺市、代表取締役社長:田中 邦彦)が、2020年1月21日より、ユニクロのロゴで有名な佐藤可士和氏監修の新ロゴを導入し、同日オープンする「くら寿司浅草ROX店」を皮切りに、随時店舗にも反映していく。

続きを読む

フードリンクレポート

2020年1月22日(水)08:09

吉野家の「ねぎだく牛丼」。賢すぎる3つの理由

「亀」の深イイ話

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 「吉野家」が1月8日から、全国店舗で「ねぎだく牛丼」の販売を開始しました。この「ねぎだく牛丼」、牛丼の玉ねぎが増量になるという、いたって単純な商品ですが、実はかなり面白い。非常に賢い戦略商品なのではないでしょうか。そう考える理由は3つあります。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

株式会社ペッパーフードサービス(本社:東京都墨田区、代表取締役社長CEO:一瀬 邦夫)が、2020年1月20日(月)から「ウルグアイ産リブロースステーキ」と「ウルグアイ産サーロインステーキ」の2種類を東北・北海道エリアの限定店舗と、都内の一部店舗にて販売する。都内は、墨田太平店(リブロースのみ)とオリナス錦糸町店(サーロインのみ)。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

 「ステーキ&ハンバーグ けん」で、一世を風靡したエムグラントフードサービスの井戸実社長が入れ込んでいる業態がある。「肉流通センター」という焼肉店だ。仲の良い後輩であるヴィクセスの中元考太氏と共にフランチャイズ(FC)事業を展開し始めている。どんな店なのか?

続きを読む

Page Top