スマートフォン版のフードリンクニュースを見る

広告

RSSフィード

ニューオープン

外食ニュース

2024年6月14日(金)05:42 ニューオープン

アマンド六本木店、60周年でリニューアル。昭和レトロではなく、「オールドニュー」に。

記事への評価

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
0.0

取材・執筆 : 安田正明 2024年6月14日

キーワード :     

 キーコーヒー株式会社(本社:東京都港区、社長:柴田 裕)のグループ会社である株式会社アマンド(本社:東京都港区、社長:勝俣 勉)が、「アマンド六本木店」(東京都港区)の60周年を記念して店舗をリニューアル、7月上旬にオープンさせる。

<関連記事>
kissaS.gif
Z世代支持率が高い「不純喫茶ドープ」仕掛け人・井川社長の思考。自分の通ってきた道にあるものの掛け合わせが、新しいものを生む
https://www.foodrink.co.jp/management/2023/01/2770002.html

ホットランド、「純喫茶 ロビンソン」を桐生にオープン。「日本再生酒場」となり。
https://www.foodrink.co.jp/news/2024/06/0363244.html

「希少な体験価値に商機あり」 レトロ自販機には昭和の野望と令和の希望が詰まっている!
https://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2023/11/0843435.html


 株式会社アマンドは、1946年東京・新橋に喫茶店を創業し、「甘いものでお客様を幸せにする」という創業理念のもと、洋菓子と喫茶のパイオニアとして、喫茶文化の魅力を発信してきた。戦後間もない1949年からは、「復興の中で明るい気持ちになって欲しい」という想いからピンクを基調とした斬新なインテリアやパッケージの店舗を都内に順次展開し、「アマンドピンク」として話題となった。また、「本格的な洋菓子と喫茶の店」という当時馴染みのない業態は、のちに「アマンドスタイル」として知られる。

 六本木店は1960年に六本木交差点に誕生し、バブル時代は待ち合わせ場所「アマンド前」としてよく利用されていた。2012年にキーコーヒーの子会社となり、現在営業しているのは、六本木、八重洲のみ。

 今回のリニューアルでは、従来の「アマンドスタイル」を踏襲しつつ、次の100周年まで愛され続ける店舗を目指し、懐かしくもありながら新しい感性を盛り込む「オールドニュー」をコンセプトとした店舗へと生まれ変わる。

almond.gif
1964年 『アマンド六本木店』外観

almond2.gif
新しい『アマンド六本木店』外観イメージ

読者の感想

興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ
送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

( 興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

Page Top