スマートフォン版のフードリンクニュースを見る

広告

RSSフィード

やじうま速報

外食ニュース

2024年6月28日(金)06:16 やじうま速報

北陸「らーめん岩本屋」、FC募集で200店舗めざす。"コク旨背脂豚骨醤油らーめん"は女性・シニアも呼び込む。

記事への評価

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
0.0

取材・執筆 : 安田正明 2024年6月28日

キーワード :    

 福井県と石川県、富山県で「らーめん岩本屋」など33店舗を展開するカンサプ株式会社(本社:福井県福井市、代表:岩本 修一)が、「らーめん岩本屋」フランチャイズ加盟オーナーを全国で募集する。

<関連記事>
fcS.gif
「FCブランドの新旧交代」 フランチャイジー争奪戦勃発か?FC事業への本格参入が相次ぐ。大化けするブランドは?
https://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2024/03/04140709.html

つけめん店「六厘舎」、ライセンス店舗を募集。食材仕入だけで、加盟金・ロイヤリティ無し。
https://www.foodrink.co.jp/news/2023/12/0771443.html

九州筑豊ラーメン「山小屋」、FC加盟店募集でビルメン会社と提携。ビルオーナーを加盟店にしたい?
https://www.foodrink.co.jp/news/2024/01/2960541.html


 「らーめん岩本屋」は、"コク旨背脂豚骨醤油らーめん"という空白ジャンルを攻めたラーメンがウリ。こってり感はありながらも軽く食べられてしまう独自性の高いラーメンで、豚骨醤油ラーメンでありながらも幅広い客層に支持されている。「豚骨醤油らーめん」は男性がメインの市場だったが、岩本屋が開発した"コク旨背脂豚骨醤油"は、女性・シニアも取り込んでいるという。

 同社は2006年の創業。FC店舗を2032年までに全国200店舗へ拡大させるビジョンを持つ。客層が幅広く、一般的なラーメン店舗と比べて「1店舗当たり売上高が高い」ことに加え、「あっさりテイストのスープが常温で長期間日持ちするため、ロスが少なく、食材原価率が低い」「二等立地でも成立する業態のため家賃が低い」こともあり、営業利益が取りやすい高収益なラーメン業態という。
iwamotoya.gif
コク旨背脂豚骨醤油らーめん

iwamotoya2.gif
FC募集サイト https://kansap.co.jp/fc

読者の感想

興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ
送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

( 興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

Page Top