スマートフォン版のフードリンクニュースを見る

広告

RSSフィード

IR情報

外食ニュース

2023年11月29日(水)06:47 IR情報

SANKO、水産卸からフードコート内10店舗を取得。鮮魚の販路を居酒屋から拡大。

記事への評価

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
0.0

取材・執筆 : 安田正明 2023年11月29日

キーワード :     

 株式会社SANKO MARKETING FOODS(本店:東京都中央区、代表取締役:⻑澤 成博)が、水産物卸の株式会社牧原水産(本社:愛知県蒲郡市、代表取締役:牧原 章和)と業務提携契約するとともに、同社がイオンモールなどで展開する「漁港めし家」など10店舗を譲り受ける。

<関連記事>
nagasawaS.gif
SANKO MARKETING FOODS長澤社長に直撃 「金の蔵」の戦略的撤退が完了。祖業である飲食業に水産業(産地&加工&流通)を加え、黒字転換を目指す。
https://www.foodrink.co.jp/management/2023/10/0652304.html

SANKO、また2億5千万を調達。23年下期も赤字見込で運転資金が不足。

「だいぶ、変わってきました」コロナ禍で戦略を転換。それが、"新生" SANKO MARKETING FOODSだ


 牧原水産は、愛知県蒲郡市に本社を構え、地元・形原漁港で水揚げされた水産物・水産物加工品を販売している。また、飲食店舗も運営し、ボリューム満点の三河一色産鰻や、市場直送の新鮮な魚を使った丼ぶり物などを「より安く!より美味しく!」をモットーに地元・蒲郡を中心に16店舗を展開している。今回、その内イオンモール9施設、mozo ワンダーシティのフードコートに出店する10店舗をSANKOが譲り受ける。残る6店舗は、牧原水産が継続運営する。

 さらに、業務提携し双方の強みである仕入れネットワークを共有化することで、両社の店舗で提供する水産物の価値をさらに高めていく。

makihara.gif

読者の感想

興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ
送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

( 興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

Page Top