スマートフォン版のフードリンクニュースを見る

広告

RSSフィード

やじうま速報

外食ニュース

2022年5月02日(月)07:01 やじうま速報

ハンバーガー店の倒産急増。コンビニ乱立時代に似てる。

記事への評価

  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
  • ★
0.0

取材・執筆 : 加藤一 2022年5月2日

キーワード :  

 2021年度のハンバーガー店の倒産は6件(前年度1件)で、このうち5件はコロナ関連倒産だった。コロナ禍が生んだブームの陰で、好調と不振の2極化が進む。東京商工リサーチが報じた。

<関連記事>
淡路島バーガー、淡路島カレーに続きブレイクの予感。「おんぼろな掘っ立て小屋で創業し、全38店黒字って本当?」
https://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2022/04/19103102.php

「連日ガラガラ」ブルースターを模倣したフレッシュネスの新業態『チーズネス』。認知進まず
https://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2022/04/1373033.php

オーイズミ、グルメバーガー参入。こっちはビジュアル系カラーバーガー⁉
https://www.foodrink.co.jp/news/2021/11/2475205.php


  ハンバーガー店の倒産(負債1000万円以上)は、2021年度は6件(前年度1件)だった。コロナ関連の持続化給付金、雇用調整助成金、ゼロゼロ融資など、資金繰り支援策が奏功し、2020年度の倒産は1件にとどまった。しかし、長引くコロナ禍での業績不振で、ハンバーガー店はダメージが蓄積。さらに、コロナ支援効果も薄まり、手持ち資金は枯渇し、小・零細店の息切れが顕在化し始めた。それを裏付けるように6件のうち、5件がコロナ関連倒産だった。

 コロナ禍のなかでハンバーガー店は、テイクアウトやデリバリーが好調だが、大手チェーン店から中小企業までハンバーガー店の出店が加速し、厳しい競争が始まっている。タピオカや高級食パンに続くブームとなり、鳥貴族の「トリキバーガー」、ロイヤルグループの「Lucky Rocky Chicken」、ダイニングイノベーションの「ブルースターバーガー」など大手外食チェーンが続々とハンバーガー店に進出している。

 マクドナルドなど、大手ハンバーガーチェーンも新商品を投入し、テイクアウトを強化している。他業種からの進出も相次ぎ、閉店した店舗の跡に、別のハンバーガーチェーンが出店する、一時のコンビニ業界と同じ構図もみられ、日を追って激しさを増していると東京商工リサーチは分析する。

 円安進行に加え、ロシアのウクライナ侵攻で小麦などの食材が高騰している。2022年度はハンバーガー店の淘汰が加速する可能性も出てきた。

burger.gif

burger2.gif

読者の感想

興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ
送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
    • ★
  • 0.0

( 興味深い0.0 | 役に立つ0.0 | 誰かに教えたい0.0

Page Top