広告

広告

RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2014年6月03日(火)12:04

中野の和製オイスターバー「焼き貝 久遠」。

記事への評価

★★★★★4.0

取材・執筆 : 匿名 2014年6月3日執筆

キーワード :    

●最近、中野エリアの放浪が好きで、以前から行きたかった「焼き貝 久遠」で、貝を堪能しました。路地裏にあり、店内はカウンター8席のみの小さな店ですが、2階もありグループ客のみ対応しているらしい。決してオシャレな店内ではなく、店舗看板も場末のスナックの様ですが、さすが貝専門店だけあって、貝をこれでもかというほど楽しめる、貝好きにはたまらないお店でした。テーブルチャージに350円かかりますが、「こよいのひとひら」各480円のメニューから、好きなメニューが1品選べるのが親切です。牡蠣、ホタテ、蛤、ツブ貝、平貝、サザエ、ホッキ貝などなどを、刺身、焼きなどお好みで調理してくれます。特に三重産の生牡蠣は、某オイスターバーで食べた牡蠣よりも、濃厚クリーミーで旨味汁がたまりません。もちろん、牡蠣の大きさも断然大きい。また、カウンター越しに店主から貝の産地やうんちくなどの話が聞けるのも楽しみの一つです。店内には、何故か「スケベ心 厳禁」の札と、昭和人なら誰でも一度は真似したであろう、武田久美子の貝殻水着の写真集が飾られていて遊び心もあり、まさに和製オイスターバーでした。(40代男性)

久遠.jpg

久遠4.jpeg

久遠2.jpg

久遠5.jpg

久遠3.jpg

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 4.0

( 興味深い4.0 | 役に立つ4.0 | 誰かに教えたい4.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2