広告

RSSフィード

記事ランキング(ユーザー評価)※記事への評価とアクセス数を元にランキングをしています。

  • プレミアム記事
  • 無料記事

4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

【記事のポイント】 ●マックは幼少期から食べる癖を付けさせる ●丸亀もキリンもP&Gマフィアが再生させた ●長所と短所を同時に伸ばすコア&モア戦略

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

【この記事のポイント】 ●東京地裁の判決は? ●証券アナリストのコメント ●判決当日の夜、現場は?

続きを読む


4.7点

記事への評価★★★★★ 4.7

【この記事のポイント】 ●2022年3月期決算公告 ●コロナ禍での取組み ●米山氏の過去インタビュー抜粋

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

東京・吉祥寺発「挽肉と米」のヒットを受けて、パクリ店が大阪で繁殖している。本町の「挽肉マニア」、梅田の「挽肉倶楽部」、そして、難波にはがんこフードサービスの「米とデミグラス」が登場。本家の「挽きたて、焼きたて、炊きたて」の3たてにこだわった炭火焼きハンバーグと炊きたてごはんというコンセプトを、各店はどう解釈&調理したのか。取材を試みたところ、TTP(徹底的にパクる)から模倣フォロワー、インスパイア系と、三者三様だった。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

【この記事のポイント】 ●西野立寛氏は船井総研出身 ●昨年だけで20店舗出店、今年度は40店舗出店予定 ●IPOを目指す

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

【記事のポイント】 ●牛宮城のプロデューサー ●フライドチキン&ポテト専門店で店舗展開 ●バーチャルレストランブランドとして展開

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

【この記事のポイント】 ●コロナ禍の出店 ●新業態にチャレンジ ●魚金の成長戦略とは

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

【記事のポイント】 ●従来のラーメンと差別化しやすいのが担々麺 ●担々麺で多店化に成功している注目店も ●「汁あり」&「汁なし」で一年通して集客できるのが担々麺

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

【記事のポイント】 ●武蔵小杉の新たなランドマーク ●7店舗が集結 ●「一番街」シリーズの第4弾

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

東京・新橋の横綱的存在である株式会社魚金(本社:東京都港区、代表取締役:金原伸吉)が、久々にホームに新業態を出店した。新橋はコロナ禍の影響をモロに受けたエリアのひとつであり、新橋でドミナント展開する同社も大打撃を受けた。ようやく同社の存在感をアピールするかのように、カウンター鮨「鮨屋のうおきん」が5月10日オープンした。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

【記事のポイント】 ●東京・新大久保の名店「おうさか苑」を事業継承 ●関西風お好み焼きであるがもんじゃも提供 ●粉っぽさが一切ないお好  み焼き

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

【この記事のポイント】 ●業績不振。 ●アークミールが足を引っ張っている。 ●旧来型ファミレスから脱却するコンセプトの再構築が必要。

続きを読む


4.3点

記事への評価★★★★★ 4.3

 株式会社ベンチャー・リンク(以下、VL)という会社がフードサービス業のFCの世界を台風のようにかき回していた時代があった。1990年代の後半から2000年代の半ばごろまでの10年間足らずことである。この間に多くの経営者に事業拡大の夢を見させて、さまざまな問題を発生させ2012年3月に消えた。だが、ここの出身者は多く、いまの飲食経営の一つの「骨」になっている。

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

「レモホル酒場」約20店舗などを展開する大阪発の有限会社GCが、日本初の翠ジンソーダ卓上サーバーの「鮪酒場 まぐろじん」と、日本初のハイボールとレモンサワーのダブル卓上サーバーの「モツトキャベツ」が5月10日に同時オープンした。ブラックニッカハイボール&レモンサワーは60分550円、翠ジンソーダは90分0円⁉ その驚きの仕組みとは?

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

【記事のポイント】 ●国酒、日本酒を取り巻くシビアな現実 ●日本酒の流行の推移を飲食店に置き換えると ●国酒、日本酒を取り巻くシビアな現実

続きを読む

Page Top