RSSフィード

記事ランキング(ユーザー評価)※記事への評価とアクセス数を元にランキングをしています。

  • プレミアム記事
  • 無料記事

4.2点

記事への評価★★★★★ 4.2

 緊急事態宣言下でも「平常営業」を実施しているグローバルダイニング。20時以降、お客は入っているのか? 実際に店を訪れるとお客で一杯。街には人通りが少なく、閑散とする中で、不夜城のような雰囲気を醸し出していた。

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

 12月の月次速報第2弾。11月下旬からの自治体からの時短要請により、どの企業・チェーンも数字を落としているが、目立つのがダンダダンの好調さ。そして大戸屋も健闘している。

続きを読む


4.3点

記事への評価★★★★★ 4.3

 「紅虎餃子房」などを展開する際コーポレーション(本社:東京都目黒区)の創業者である中島武社長が東京都に対して、要望書を2021年1月13日に提出した。緊急事態宣言に際して、東京都は中小事業者のみに限定しているが、それを大企業も平等に扱ってほしいという内容だ。

続きを読む


4.9点

記事への評価★★★★★ 4.9

 1月7日(木)に東京、埼玉、千葉、神奈川に緊急事態宣言が発令、翌日の8日(金)から2月7日(日)まで、飲食店は20時までの時短営業、酒類の提供は19時までと要請された。今回の時短要請協力金は、東京都の場合、1店舗1日6万円と過去にない破格の金額。スモールビジネスの大吉オーナーにとっては、予期せぬ、お年玉かもしれない。

続きを読む


4.7点

記事への評価★★★★★ 4.7

 20代前半で飲食の道に入った村井優梨氏は現在、31歳。結婚し、出産も経験している「子育て女将」だ。奥渋谷と呼ばれるエリアで、日本酒と手作り料理の店「㐂宵(きよい)」を経営する。借入れなしで開業。ランチなし、土日は休業。「自分のスタイルが守れないならば、店をたたみます」と言う。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 サイゼリヤの1月13日の決算会見で、西村康稔経済再生担当相がランチも自粛するよう呼び掛けたことに対し、堀埜一成社長が「ふざけんなよ」と発言しました。怒りは当然です。ランダムトークです。

続きを読む


4.8点

記事への評価★★★★★ 4.8

 1月13日、新たに大阪、京都、兵庫を含む7府県にも新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく、緊急事態宣言が出された。関西の飲食店オーナーたちの反応を聞いた。

続きを読む


3.8点

記事への評価★★★★★ 3.8

 居酒屋事業を核にした外食企業、きちりホールディングス。店舗数は100店弱の中堅だ。この会社、「KICHIRI」の次に様々な業態・事業に手を出しているのだが、ほとんどが鳴かず飛ばず。外食への支援事業を広げ、「FOOD TECH」企業を目指すというが、外食事業以外が利益を産むまでは時間がかかりそうだ。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 新型コロナウイルスの影響を強烈に受けた居酒屋業界。政府による緊急事態宣言での一時休業や時短営業を余儀なくされた。「コロナ禍の逆風だからこそ、"ワクワク"してしょうがない」と語るのが、株式会社一家ダイニングプロジェクト代表取締役社長である武長太郎氏である。2020年3月には、東証マザーズから東証一部に昇格。舞台が整った矢先のコロナだった。

続きを読む


4.7点

記事への評価★★★★★ 4.7

 「生ホルモン食べ放題100分1480円、レモンサワー飲み放題60分500円」の「レモホル酒場」。大阪発祥の同店は、関東で大人気の「0秒レモンサワーと仙台ホルモン ときわ亭」と似た仕組みで、大繁盛。2021年1月には東京・渋谷駅前へ出店。九州、大阪、東京で出店を進めている。経営する有限会社GC(本社:大阪市北区)の石原義明社長は「早期に30店を目指す」と言う。

続きを読む


4.5点

記事への評価★★★★★ 4.5

 東京都が8月3日〜31日の期間、酒類を提供する飲食店などに対して営業時間の短縮を要請したことについて、株式会社グローバルダイニング(東京都港区、代表取締役社長:長谷川耕造)は、「都の要請には受けないつもりだ。飲食業界では多くの店が閉まっていて、経済への影響のほうが深刻だ」であると、決算発表会見のなかで長谷川社長がみずからの考えを述べた。いま、22時以降、お客は入っているのか。果たして決断の行方は?

続きを読む


4.1点

記事への評価★★★★★ 4.1

 2020年に話題となった、から揚げに次ぐアイテムとして、コロッケに注目する向きが出ている。揚げ物分野では、ダントツの人気。これまではスーパーなどで売る総菜や冷凍食品が中心だったが、「ごちそうコロッケ」と呼べるものが、飲食店のメニューでも目立ってきた。

続きを読む


1.7点

記事への評価★★★★★ 1.7

 1月18日(月)、東京都の小池百合子知事がこれまで中小事業者のみに限定していた時短協力金を大企業まで広げるという指示を出したという報道が出た。緊急事態宣言が出た他府県は、企業規模に関係なく店舗当たり1日6万円を支給するが、東京都のみ大企業を排除していた。業界全体で声を上げた成果だ(編集長・遠山敏之)。

続きを読む


3.8点

記事への評価★★★★★ 3.8

 株式会社ベンチャー・リンク(以下、VL)という会社がフードサービス業のFCの世界を台風のようにかき回していた時代があった。1990年代の後半から2000年代の半ばごろまでの10年間足らずことである。この間に多くの経営者に事業拡大の夢を見させて、さまざまな問題を発生させ2012年3月に消えた。だが、ここの出身者は多く、いまの飲食経営の一つの「骨」になっている。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 一都三県の緊急事態宣言に続き、関西を始め、主要な地域へ宣言が広がる気配を見せている。4月の1度目の宣言時には、休業が相次いだが、今回は大手でも時短要請に従いながら営業を続けるところが少なくない。酒の提供は19時まで、営業は20時までの場合、売り上げはどうなるのか。ある居酒屋の協力を得て、シミュレーションを実施した。

続きを読む

Page Top