RSSフィード

記事ランキング(ユーザー評価)※記事への評価とアクセス数を元にランキングをしています。

  • プレミアム記事
  • 無料記事

5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

「デフレの勝ち組」と言われた鳥貴族が苦しんでいる。既存店売り上げは14カ月連続の前年割れ。新規出店の凍結を明言していたが、中間期の決算発表では、21店の閉店を明らかにし、そのため、通期の純利益が3億円の赤字になるとの見通しを発表した。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 外食専門誌紙で構成する外食産業記者会がその年に活躍した経営者を評価する「外食アワード」その2018年を受賞したのが「BEETLE」などを展開するプロダクトオブタイムの千倫義社長。大衆酒場をリメイクした「ネオ大衆酒場」の旗手と言われるが、東京・五反田の店で爆発事故を起こしてもいる。何があったのか、そして店つくりの思いは?

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 2018年の第13回居酒屋甲子園の北関東地区大会で「タン・シャリ・焼肉 たんたたん」(以下、たんたたん)というチームが優勝した。この店は筆者の地元、武蔵浦和にあるということで調べたところ、店頭に実物大の牛のオブジェが置かれていながら、これまで見過ごしていた店であった。同店を経営するのはDCT.campany(本社/さいたま市、代表/高山嬢次)で、このエリア(浦和、与野)に運営委託を含めて6店舗展開している。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 個人的な興味で申し訳ないのですが、最近、中国の地方料理が来ている気がしてしょうがないのです。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 「デフレの勝ち組」と言われた鳥貴族が苦しんでいる。既存店売り上げは14カ月連続の前年割れ。新規出店の凍結を明言していたが、中間期の決算発表では、21店の閉店を明らかにし、そのため、通期の純利益が3億円の赤字になるとの見通しを発表した。  「鳥貴族」に何が足りないのか。「フードリンクニュース」としての提言の後編。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

松屋が、遅ればせながらステーキ業態に参入しました。店名は「ステーキ屋 松」。松屋を逆にしたネーミングも人目を惹きます。JR三鷹駅北口スグで松屋フーズホールディングス本社もスグ。同社の駅前回転寿司ブランド「すし松」の跡。ランダムトークです。

続きを読む


4.0点

記事への評価★★★★★ 4.0

 東京都内の主要なターミナル駅周辺でよく見る、巨大な提灯や点滅する電飾、巨大な文字の看板など、強いインパクトが残るこれらの飲食店。「横浜家系 壱角家ラ

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 「フードホール」という米国で注目されている業態。「CHRONIC TACOS」を展開するK&BROTHERSが3月に東京と大阪でほぼ同時に「BLAST!」を開店した。実家は不動産業を営んでいて、元大阪市府議会議員でもあった岩谷良平社長がなぜ飲食を選んだのか。

続きを読む


5.0点

2019年03月19日(火)10:24

    人材不足にどう対応するか?

    記事への評価★★★★★ 5.0

     飲食店の人材不足が続いていますね。感覚的には、5年くらい前から厳しさが増したように感じています。もし「常に人材に困っていない飲食店」があれば、業界の為にも(有償無償を問わず)秘訣を共有いただけたら素敵だなと思っています。

    続きを読む


    5.0点

    記事への評価★★★★★ 5.0

     「フードホール」が再び注目されている。「CHRONIC TACOS」を展開するK&BROTHERSが3月に東京と大阪でほぼ同時に「BLAST!」を開店した。勝算は?岩谷良平社長に聞いた。

    続きを読む


    4.5点

    記事への評価★★★★★ 4.5

     フードリンクニュースによる、「鳥貴族」に極めて酷似した「鳥二郎」の仁義なきパクリ疑惑報道(2014年12月11日付)は大きな反響を呼び、「鳥貴族」が「鳥二郎」を不

    続きを読む


    5.0点

    記事への評価★★★★★ 5.0

    外食専門誌紙で構成する外食産業記者会が実施している、その年に活躍した経営者を評価する「外食アワード」では、毎年、外食業界を象徴する「外食キーワード」も発表しており、その「2018年外食キーワード」の一つに選ばれたのが「とろーりチーズ」です。2018年はバルや居酒屋でラクレットチーズを導入する店が増え、韓国グルメのチーズドッグも流行。とろーりとろけるチーズのメニューがインスタ映えして話題になったことから、「2018年外食キーワード」に選ばれました。

    続きを読む


    5.0点

    記事への評価★★★★★ 5.0

    京都の料亭の主から聞きました。プライベートジェットで伊丹に来た中国人富豪4人組からのリクエストで個室に飾った花代は50万円。しかし、料理代は1人3万円で計12万円だったと。ランダムトークです。

    続きを読む


    4.0点

    記事への評価★★★★★ 4.0

     フードリンクニュースによる、「鳥貴族」に極めて酷似した「鳥二郎」の仁義なきパクリ疑惑報道(2014年12月11日付)は大きな反響を呼び、「鳥貴族」が「鳥二郎」を不

    続きを読む

    Page Top

    圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

    メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

    • 広告L1-1