RSSフィード

記事ランキング(ユーザー評価)※記事への評価とアクセス数を元にランキングをしています。

  • プレミアム記事
  • 無料記事

5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

外食大手の8月業績がまとまってきた。7月が長引いた梅雨と休日が少なかったことで、多くの会社が既存店売り上げを落としていたが、8月は休日増に加え、天候に恵まれたこともあり、比較的に悪くない実績だった。ただ、その中で・・・。

続きを読む


1.7点

記事への評価★★★★★ 1.7

 熟成赤身肉のブームを背景にしたステーキのブームが一段落してきたと思いきや、赤身肉に新しい流行が到来している。それが、ローストビーフのブームである。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 阿部大です。先日、一人焼き肉業態店がTVで放送されて、3分提供の徹底ぶりがTwitterで話題となっていました。お客様の待ち時間を徹底的に減らして満足度と回転率をUPさせたり、お客様への負担をとことんまで減らす努力をしているお店がある一方で、お客様に協力してもらいながら店を継続しているお店もあります。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 スタッフが独立して店を開店するための学校----それが、東京・経堂を拠点とする楽コーポレーション(以下、楽)が展開する居酒屋だ。店長になれば独立を促すためその上のポジションはなく、毎年概ね数名が「卒業」する。アルバイトから社員になり独立をしていくスタッフも多く、「卒業生」は数百人に及ぶ。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにく

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

半世紀もの間、繁盛店を作り続けてきた楽コーポレーション社長・宇野隆史氏。繁盛店の作り方を説いた著作の数々は、韓国、中国、ベトナムで翻訳され、特に韓国では累計17万部を超える大ベストセラーに。万国に共通する商売の極意を宇野氏に聞いた。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 近年徐々に開発が進む日本橋室町エリア。代表的なのは商業施設の「コレド室町」だが、界隈の個々の飲食店にも実力派が次々と誕生し、にぎわいをみせている。その中で今回は、2019年3月にオープンした立ち飲み居酒屋「すこぶる 日本橋」に潜入。そこには興味をそそるメニューや仕掛けがいくつもあった。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 M&Aに成功した外食企業は、時には会社の成長エンジンとなるような主力業態を一瞬にして手に入れることができる。吉野家ホールディングスの「はなまるうどん」と、ロイヤルホールディングス「天丼 てんや」の事例を見ていこう。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 ランチで賑わう東京・東銀座のおしゃれ中華料理店が、ノンアルコールビールの樽生「オールフリー樽詰」の扱いを始めました。販促用のテーブルテントには「日本初」の文字が躍っています。ランダムトークです。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 売れるメニュー開発のヒントになるトレンドとして、最近、注目しているのが「ガパオ」と「クミン」です。ともにエスニック系のキーワードですが、今、この2つは、エスニックの店以外でも、とても有望になっています。

続きを読む


2.5点

記事への評価★★★★★ 2.5

 昔々、金曜の夜に女6人、六本木で二次会場所を探し求めたことがある。繁忙期でどの店も満席で入店お断り。手分けして店を回ったり、電話をかけてみたりしたのだが、どこにも入れず、結局商業施設のフリースペースで喋って解散となった苦い思い出がある。そんな思いをせずに済むサービスがある。ちなみにPRではありません(笑)。

続きを読む


4.5点

記事への評価★★★★★ 4.5

 フードリンクニュースによる、「鳥貴族」に極めて酷似した「鳥二郎」の仁義なきパクリ疑惑報道(2014年12月11日付)は大きな反響を呼び、「鳥貴族」が「鳥二郎」を不

続きを読む


4.0点

記事への評価★★★★★ 4.0

 "大衆酒場"というジャンルが呼称されるようになって久しいが、徐々に一般的にも浸透し、ますますこの業態は増え続けている。その中でも、特に注目されている

続きを読む


4.5点

記事への評価★★★★★ 4.5

 フードリンクニュースによる、「鳥貴族」に極めて酷似した「鳥二郎」の仁義なきパクリ疑惑報道(2014年12月11日付)は大きな反響を呼び、「鳥貴族」が「鳥二郎」を不

続きを読む

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1