RSSフィード

記事ランキング(ユーザー評価)※記事への評価とアクセス数を元にランキングをしています。

  • プレミアム記事
  • 無料記事

4.7点

記事への評価★★★★★ 4.7

 熟成赤身肉のブームを背景にしたステーキのブームが一段落してきたと思いきや、赤身肉に新しい流行が到来している。それが、ローストビーフのブームである。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 こんにちは。今年、フードリンクグループに入社した前川萌と言います。今年20歳になったばかり。去年から話題のタピオカビームについて、ユーザーに近い視点から、ブームの理由を分析しようと思います。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 ゼットンでは、かねて公共施設再開発事業を展開しているが、公益財団法人東京都公園協会が公募した都立葛西臨海公園(東京都江戸川区)のレストランリニューアルに際しての飲食事業者として認定され、同公園の魅力向上、価値の創出を行っている。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 羊肉業態の活況が著しい。大手では「磯丸水産」などを展開するSFPがジンギスカン店を立ち上げ、中小や個人店では「和食×羊」や「鉄板焼き×羊」など個性的な羊肉レストランが続々誕生している。その現状や背景を、関係者の証言をもとに明らかにしていこう。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

東銀座の居酒屋で無理を言って、22時に銀座の酒屋にウイスキーを電話注文してもらいました。30分以内に届けるというので、カウントしたら12分。驚きです。アマゾンより速い。ランダムトークです。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 今回は、店頭の「暖簾」と「看板」の話です。街中の飲食店の暖簾、郊外ロードサイド店の看板。それぞれに、「これは面白い!」と感じた事例があったので紹介したいと思います。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 「定番のつまみを、ひとひねりしたメニューが売れる」。居酒屋の取材で、多くの経営者から聞いた言葉です。どんな料理か想像しにくい突飛な創作料理よりも、冷しトマト、厚焼き玉子、エビマヨ、焼そば、といった定番のつまみをひとひねりしたメニューの方が、お客が注文しやすく、店の工夫も伝わりやすいそうです。

続きを読む


3.9点

記事への評価★★★★★ 3.9

 この間、ふと気付いたことがあります。  刺身って、飲食業態、特に居酒屋にとって「オワコン(もう時代を終えたコンテンツの意)」になったんじゃないかって。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 平成の30年間、外食企業や飲食店がメニュー開発を行なう際に最も意識した魅力の一つが、「ヘルシー」ではないでしょうか。平成の時代はダイエット志向、野菜志向、糖質オフ...などの健康志向が広がり、それに合わせて数々の「ヘルシーメニュー」が開発されてきました。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 2018年4月、経済産業省は「2025年までにキャッシュレス決済率40%」をぶち上げた。では現在のキャッシュレス決済率がどのくらいかというと、約20%。あと7年で利用率を倍にするというわけだ。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 5月15日発売のケンタッキーの新商品のリリースを読んだとき、これは行かなければならない!と早速、発売日に行ってきました。 私が興味を持ったリリース2本のタイトルは以下です。 1)3 種のチーズとスパイシーな特製タコスミートが食欲をそそる 新感覚タコス風サンド「チキンスライダー」が、5 月 15 日に新登場! 2)人気の定番「オリジナルチキンパック」のサイドメニューに 濃厚なコーンフィリングをサクサクなパイで包んだ「コーンパイ」が 5 月 15 日から新登場!

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 大阪市内のキタエリアを中心に「和酒 吟蔵」など居酒屋5店舗と「ジャックとマチルダ」など立ち飲み5店舗の10業態10店舗を展開するクラマ計画。「組織的個人集団」を謳い、個人店と組織、双方のメリット良いところ取りのハイブリット経営で注目を集めている。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

中国料理のトレンドが激変している。これまで日本で主流だった、広東料理やそれをベースにした町中華が新しさを失い、それに代わって、西安、蘭州、東北、雲南など中国の地方料理の店が増えている。また、中国の四大料理(広東、上海、四川、北京)の中でも、スパイシーで花山椒の痺れる辛さを特徴とした四川料理が、"シビカラ"ブームで突出した人気だ。今回は、四川料理の人気を盛り上げるフェスをレポートする。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 5月12日、筆者は東京・北千住で開催された「第3回一歩一歩アワード」を参観した。同大会はこの街でドミナント展開している株式会社一歩一歩(代表/大谷順一)が年に一度開催しているもので、従業員の父兄、業者さん、お客様などを招いている。いわば、父兄参観日の意味合いもあるという。北海道や九州などの親御さんは飛行機で駆けつけている。

続きを読む


5.0点

記事への評価★★★★★ 5.0

 2018年4月、経済産業省は「2025年までにキャッシュレス決済率40%」をぶち上げた。で、それを実現するため、実は国がなかなかの「お金」を出してくれるというお話の後編。

続きを読む

Page Top