RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2014年11月20日(木)12:32

昔のヤミ市の面影残る一角。溝の口「いろは」

記事への評価

★★★★★1.7

取材・執筆 : 匿名 2014年11月20日執筆

キーワード :   

1120.jpg

溝の口駅の南武線沿いに、昔のヤミ市の面影が残る一角がある。その中には、武蔵新城や元住吉、自由が丘にも暖簾分けでお店がある「かとりや」さんや、溝の口でドミナント出店される「たまい」さん、など多くの飲食店が密集する。

1120-5.jpg

先日、そのエリアの焼きとんのお店「いろは」さんにお邪魔した。このお店の焼きとんは1本90円と安く、味は言うまでもなく美味しいのだが、焼酎の提供方法がとても面白い。

1120-3.jpg

ウーロンハイやホッピーをオーダーすると、「燃える男の酒 焼酎」と記された、お店オリジナルラベルの焼酎の小瓶が提供される。俗に言う、焼酎のナカが、1本1本小瓶であらかじめ用意されているのだ。量も中々入っており、2,3杯オーダーするといい具合にお酒が回ってくる。

1120-4.jpg

安くて美味しい焼きとんと、立ち飲みの為、手軽にお邪魔できるとても使い勝手の良いお店だ。溝の口を訪れた際には、是非また行きたいお店だ。(30代男性)

 

 

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 1.7

( 興味深い1.5 | 役に立つ1.5 | 誰かに教えたい2.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。