RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2014年5月30日(金)12:06

「せりざわ」で、最高峰の江戸前寿司を堪能。

記事への評価

★★★★★3.5

取材・執筆 : 匿名 2014年5月30日執筆

キーワード :     

●表参道、青山通りから路地に入ると重厚感ある店構えの寿司屋「せりざわ」で、店主の芹沢ワールドを堪能しました。メニューは、おまかせコース(10品)で10,000円。カウンター10席ほどですが、余裕があるカウンターなので全く窮屈感がありません。寿司屋のカウンターでおまかせなんて、座っただけで贅沢感に包まれました。まずは、ビールを注文して芹沢ショータイムの始まりです。ホタル烏賊の小鉢から、酒蒸し、生牡蠣、茶碗蒸し、焼き魚、刺身盛り合わせ、肝ポン酢、握り、巻き物、デザートまで、目の前で芹沢店主の丁寧な手さばきが見られました。一品一品の料理の説明はもちろんのこと、提供された生牡蠣は、三重県鳥羽的矢湾の岩牡蠣であり、日本で一番美味しいとされる、アダコのブランド牡蠣です。アダコの牡蠣には必ずタグが付けらており、牡蠣の業者別にタグの色が違うなど、タグの説明までしてもらい、とても勉強になりました。アダコの岩牡蠣には、広島の蔵元「宝剣」の限定超辛口を勧めてくれました。ほんのりですが果実感があり、軟水の柔らかな口当たりの純米酒で岩牡蠣との相性バッチリです。贅沢を堪能できた以上に、アダコのタグの話や知らなかった日本酒など、色々と勉強になったお寿司屋さんでした。 (40代男性)
serizawa.jpg

serizawa3.jpg

serizawa5.jpg

serizawa2.jpg

serizawa4.jpg

 

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 3.5

( 興味深い3.5 | 役に立つ4.0 | 誰かに教えたい3.0

Page Top