広告

広告

RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2013年9月05日(木)09:55

雰囲気のある外観が目を引く、ビアバー「KING PELICAN」。

記事への評価

★★★★★3.0

取材・執筆 : 匿名 2013年9月5日執筆

キーワード :    

●神奈川県の生麦に行く機会があったので、商店街近辺を歩いていると、雰囲気のあるパブを発見!早速入店してみた。お店の名前は「KING PELICAN(キング ペリカン)」。生麦の駅で十数年営業されているとの事。暗色照明の店内はカウンター席とテーブル席が半々の作り。クラフトビールをメインにしているようで、バックバーの5つのタップが目をひいた。入店時、常陸野ネストビールや横浜ビールなどのクラフトビールが日替わりメニューに掲示されており、どれにするか迷っていると、「ボトルビールだけど、アメリカNo1のブルームーンがあるよ」と教えて頂きオーダー。オレンジが添えられ提供されたビールは、ベルジャンホワイトタイプの、オレンジの香りが華やかなクラフトビールだった。生麦エリアは、居酒屋等の業態が多く、「KING PELICAN」のような業態は少ないそうだが、その中でもひときわ目立つ外観と、海外のパブをイメージされたフード・ドリンクのメニューには、また行きたい!と思わせるものが多々あった。なかなか降りにくい駅であるが、近くに寄った際にはまたクラフトビールを飲みに行きたい。(30代男性)
バックバー_.JPG

キングペリカン外観_.JPG

生麦キングペリカン1_.JPG

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 3.0

( 興味深い3.0 | 役に立つ3.0 | 誰かに教えたい3.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2