広告

広告

RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2013年4月25日(木)09:38

沼袋の「ホルモン」で、極上のもつ焼きを。

記事への評価

★★★★★1.7

取材・執筆 : 匿名 2013年4月25日執筆

キーワード :   

●先日、西部新宿線の沼袋駅を歩いてると、とても目を惹かれるお店を発見しました。「ホルモン」というお店で、外観から老舗酒場のただならぬオーラが漂っているお店です。店内はコの字カウンターと、壁側に4人掛けのテーブル席が2つ。カウンターはいっぱいだった為、テーブル席に座りました。メニューは、もつ焼き中心で、「ちれ」や、「あぶら」、「ヒラ」などの珍しい部位も提供されており、その価格も全て110円と、とてもリーズナブル。おしんこ(110円)、トマト、やっこ(260円)等のメニューもあるが、どれも安い。ドリンクは瓶ビール(黒ラベルと赤星)の他、焼酎類(ウーロン割り、緑茶割り、くわ茶割りなど、各370円)があり、テーブルには焼酎を割る梅シロップも用意されていました。また、長年使用されているであろう日本酒の酒燗機もカウンターにあり、オーダーしたい一品ででした。もつ焼きの味は言うまでもなく美味。2度3度と通いたくなる、「また行きたい」が溢れたお店です。(30代男性)
ホルモン店内_.JPG

ホルモン_.JPG

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 1.7

( 興味深い1.5 | 役に立つ1.5 | 誰かに教えたい2.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2