RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2013年3月26日(火)09:37

初めて体験する美味しさ!大阪・岸和田の地元グルメ「かしみん焼き」。

記事への評価

★★★★★3.4

取材・執筆 : 匿名 2013年3月26日執筆

キーワード :   

●大阪の岸和田に、「お好み焼き」に似て非なる食べ物があると聞きました。その名も「かしみん焼き」。実際に、岸和田の「かしみん焼き」の老舗・大和さんに行ってみました。駅を降りて、落ち着いた住宅街を20分程ひたすら歩いた路地の奥に、ぽつんと「お好み焼き」の赤い提灯を発見。お店の中を見てみると、店内は一つの鉄板台をコノ字状にお客様が囲んで座っており、鉄板から直接"焼き物"を食べるスタイルのよう(鉄板台の周りは6名程が座れるスペース)。お店の売りの「かしみん焼き・中(430円)」(大中小の大きさを選べる)をオーダーしてみたのですが、薄く伸ばした生地の上に事前に炒めたキャベツとお肉?を乗せ、牛脂を乗せて両面を焼き、ソースを塗って仕上げたのが「かしみん焼き」。お肉のコリコリした食感と、牛脂で両面をカリッと焼いた食感は、お好み焼きの様ですが、初めて体験した美味しさでした。後から知ったのですが、名前の由来は、お肉のかしわ(=鶏肉のこと)と牛脂のミンチが入っているので「かしみん焼」だそうです。また行きたい!と感じさせる、お店の雰囲気と初めての味にとても満足しました。
(30代男性)
かしみん焼き_ (360x480).jpg

かしみん_ (360x480).jpg

大和_ (360x480).jpg

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 3.4

( 興味深い3.5 | 役に立つ3.0 | 誰かに教えたい3.5

Page Top