広告

広告

RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2012年7月11日(水)08:41

おっちゃん1人でやりょうります。

記事への評価

★★★★★2.7

取材・執筆 : 匿名

キーワード :     

●広島風お好み焼といえば、神田の「カープ」、新橋の「HIDE坊」などが有名だが、西荻窪の商店街にある「かずみや」も、本格的な広島風お好み焼のお店である。広島風お好み焼の店舗を紹介する、広島県に本社を置く、中国新聞のサイト内にある「炎の鉄板」にも、しっかり掲載されている。店内は、店主の紙本和実さんが1人で切り盛りしている。店内で、『おっちゃん1人でやりょうります』と書かれた貼り紙は、そう、広島弁である。もちろん店主の紙本さんは、生粋の広島人。大きな鉄板があるカウンター6席と、小さなテーブル4席のめちゃくちゃ小さなお店。店内はいたってシンプルだが、広島県に関するポスターや店主がファンである、吉田拓郎のポスターが貼ってあり、店中が広島県である。広島焼は基本コテで食べるが、箸も用意してくれる。コテでの食べ方が分からないお客さんには、コテの持ち方などのマニュアルを渡してくれる。広島焼はしっかり焼いて、じっくり蒸らして、あっさり仕上げる為、20分以上かかるが、おっちゃんが焼いている姿を見ていると、直ぐに時間が経ってしまう。広島焼の材料は決して多くないので、作り手の腕が試される。広島人が作る、いたってふつうの広島焼が東京の郊外で食べられるのは幸せである。(30代男性)
monday120711.gif
 
monday120711_2.gif

monday120711_3.gif

monday120711_4.gif

monday120711_5.gif

monday120711_6.gif

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 2.7

( 興味深い4.5 | 役に立つ1.5 | 誰かに教えたい2.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2