広告

広告

RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2013年9月25日(水)09:48

老舗で光る、若者の元気で丁寧な接客。

記事への評価

★★★★★3.0

取材・執筆 : 匿名 2013年9月25日執筆

キーワード :   

●堀切菖蒲園の老舗もつ焼き「のんき」さんに伺った。外観は、老舗感漂う歴史を感じる店構え。ただ、店内に入ると若いスタッフさんが3名元気に接客をされていた。初めはビール(530円赤星・中瓶)と、もつ串をオーダー。通常、一皿四本360円だが、ハーフなるオーダーの仕方があり、2種2本にて提供してもらえる(値段は同じ)。まずは、かしら、はらみのハーフをオーダー。はらみは大粒の黒コショウが降られており、肉の旨みをとても引き出していた。続いて、名物でもある「しろたれ」と、「ればたれ」の組合せのハーフをオーダー。名物ドリンクのハイボール(290円)も一緒にオーダーした。ハイボールはサーバーから注がれ、黄金色をした不思議な色合い。このエリアでのハイボールの特徴が良く出ている。名物の「しろたれ」はもつ焼きが苦手な人でも食べられるであろう、つるつるとして柔らかい食感。たれの味が、下町のハイボールと良く合う味わいだった。お会計時にお店の方に話を伺うと(お会計は全てのお皿を上に置いてお会計するスタイル。)、50年近くお店はやっているようだが、今の大将は3代目で、元々お店のお客様だったそうだ。先代が店を閉めようとしている時、他のお客様から閉店を惜しむ声が多数あり、その為ご自身が「のんき」さんを継がれたとの事だった。老舗感の中にも若い方の元気で丁寧な接客。味は、昔の味を継承していると、古さと新しさが融合する素敵なお店だった。是非、また行きたいと思う。(30代男性)

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 3.0

( 興味深い3.0 | 役に立つ3.0 | 誰かに教えたい3.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2