広告

広告

RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2013年9月09日(月)09:51

飾らない昭和レトロなきしめん。

記事への評価

★★★★★4.0

取材・執筆 : 匿名 2013年9月9日執筆

キーワード :   

●名古屋の栄の外れ、矢場町寄りある、老舗感が十分過ぎる程伝わる「一八本店(いっぱちほんてん)」。店構えから昭和のレトロな感じが伝わるが、店の壁に掲示してある、メニューを見てビックリ!きしめんが320円である。恐る恐る店内のドアを開けると、これまた昭和にタイムスリップした店内である。席に着くなりおやじさんが、夏だというのに、熱いお茶をだしてくれた。おやじさんに聞くと50年以上前から、ここで店を営んでいるらしい。老舗の店のお約束なのか、この店のおやじさんも、必要以外の言葉は話さないし、正直愛想もよくない。きしめん320円を注文しようとしたが、店内も暑く、さすがにザルきしめんを注文。相変わらず無言できしめんを茹でるおやじさんを見ていること、10分ぐらいできしめんが出てきた。ザルだと思い込んでいたら、なんと、氷水につけてきしめんがでてきた。色々なお店でザルきしめんを食べたが、このスタイルでのザルきしめんは初めてである。きしめんは、しっかりと冷やされコシもあり、十分過ぎる厚さでありとても満足だったが、おやじさんの続けざまの咳ばらいが、食事中ずっと気になっていた。(30代男性)
一八-4.jpeg

一八-2.jpeg

一八-3.jpeg

一八.JPG

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 4.0

( 興味深い4.0 | 役に立つ4.0 | 誰かに教えたい4.0

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1
  • 広告L1-2