RSSフィード

ニューオープン

外食ニュース

2016年7月12日(火)16:43 ニューオープン

裸のレストラン「THE AMRITA」が予約殺到!東京2号店のオープンを決定!

記事への評価

★★★★★2.9

取材・執筆 : 酒井慎平 2016年7月12日

キーワード :   

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 2.9

( 興味深い4.8 | 役に立つ1.5 | 誰かに教えたい2.3

読者からのコメント

昨日8/27に行ってきました。
企画倒れの最低なサービスでした。
まず、場所は秘密のため、1週間前にメールで知らせるということでしたが、メールはきませんでした。
当日になって、西麻布のホブソンズの前に19:30に待ち合わせという内容のメールがきました。
時間に行ってみましたが誰もおらず、行き違いになったから直接店に来いというメールがきました。
指定の住所にいってみましたが、看板も何もないのでどれがその店だかわかりません、しばらく迷いました。
お店に入って紙の下着に着替えました。(でもこれは自前のパンツでも良かったみたいです。)
体重確認などはありませんでした。
肝心の料理ですが、全部でたったの4皿。¥18000で4皿です。内容は
・変な虫の揚げ物が入ったヨーグルト
・土を入れて食べるスープ 味は本当に土臭い。
・チキンのグリルが4つほど乗ったプレート
・生のザリガニ2匹(これは食べる勇気がありませんでしたね。寄生虫の心配などお店側にはないのでしょう)
飲み物は別料金で、スパークリングワインを頼みましたが、普通の白ワインが出てきて、グラス¥2000でした。
料理が運ばれてくる時間はとても長く、こちらから催促しないと持ってこない始末でした。
スタッフはわずか3名(キッチン1名 ホール2名)で回してるようで、客は30人くらい、オペレーションは最低でした。
別の客と話ができたのですが、店のメールは皆同じ手口でした。その方たちは2皿目を食べてる途中で外に出され、寒い中ビキニスタイルで待たされていました。考えらえません。
ホームページに書いてあった、ショーみたいなものは一切なく、また、テーブルの位置によって価格にランク分けがされていましたが、まったくどの席も同じだったので、高い席を選ぶ意味はないと思います。
ホームページに書かれていることはほぼ事実と違いました。
これから行く方は期待をしないほうがいいと思います。また、お腹は満たされないので、帰りに行く店をあらかじめ探しといたほうが良さそうです。

投稿者 : 昨日行ってきた : at 2016年8月28日 11:47

1

0

本当にこの写真の外人男性いるの>
いるならマジ予約するね!
当然興味津々

投稿者 : ももこ : at 2016年7月31日 09:41

2

0

コメントを投稿する

名前

性別

年齢

アイコン

コメント

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-2
  • 広告L1-1