RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2018年6月11日(月)13:34

「うどん×酒」という新文化の始まり。「うどんト酒場おがひろ」でリーズナブルに飲む。

記事への評価

★★★★★4.0

取材・執筆 : 丹治 皓岳 2018年6月1日

キーワード :   

IMG_2411.jpg 

 蒲田駅西口から徒歩2分、クリーム色の暖簾が見えてきたら、そこが「うどんト酒場おがひろ」だ。昼はうどん屋としてサラリーマンや学生でにぎわうが、夜は居酒屋として盛り上がりを見せている。八海山や一ノ蔵、白鹿といった日本酒から、ハイボールやサワーなど、一通りのお酒がそろう。

大衆的な店の雰囲気にぴったりのカップワインは、人気ドリンクの一つ。和食・洋食どちらとも相性の良い味わいで、一般的なカップ酒のイメージよりも洗練されたデザインだ。赤・白ともに、つまみによく合う。

 IMG_2416.jpg
そして目を引くのが、鰹節トマトハイだ。グラスに入ったトマトハイの上に、鰹節がどっさりとのっている。和のテイストが加えられて香り高く、他ではあまりみない珍しい一杯。

IMG_2418.jpg
昼はうどん屋として営業していることもあり、うどんの種類は豊富だ。しかも480円からと、リーズナブルに"締め"ることができる。うどん以外の料理も、ハムカツ200円、鶏天250円と、気軽に利用できる価格帯だ。

 コース料理も、料理8品に飲み放題がついて3500円と低料金。コースの中には、店の四大名物である鮮魚ブツ盛り合わせも含まれる。もちろん、最後にはうどんが提供される。このお手軽感が、おがひろの人気を支える一つの理由だろう。

 蒲田には「だう呑み」セットを提供する、"飲める"山田うどんもあり、この地区では「うどん×酒」の文化がじわじわと広がり始めてきたようだ。昼と夜、一店で二度おいしい店がこれから増えていくのかもしれないと、期待を感じさせる。

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 4.0

( 興味深い5.0 | 役に立つ3.0 | 誰かに教えたい4.0

コメントを投稿する

名前

性別

年齢

アイコン

コメント

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。