RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2018年3月19日(月)18:10

素材を活かす本当の淹れ方で、"日本一美味しいウーロンハイを目指す"お店。

記事への評価

★★★★★4.7

取材・執筆 : 2018年3月9日

キーワード :      

IMG_1173.JPG

 西武池袋線の練馬駅、西口から徒歩5分の場所にある「酎ハイスタンド 練屋」で「日本一美味しいウーロンハイを目指す」と店主が言う、「烏龍ハイ 500円(税込)」があった。こちらでは、茶葉の種類に合わせたお茶の淹れ方からお湯と葉の分量の割合、淹れるお湯の温度に寝かす温度と時間、全てにおいて日々研究を重ね、焼酎やジンを、お茶を合わせて、新しいメニュ―の創作をしている。

IMG_1176.JPG

 お茶の味と香りに合ったお酒を組み合わせる事により、「今まで飲んでいたのは何だった?!」と来店していたお客さんが言う程、美味しい味わいがある。茶葉は沢山の種類を持っているようで、その時々に仕込む茶葉を替えて、いつ来ても新しい味を。とお客さんが飽きない工夫もしているそう。烏龍茶葉は、本場台湾産を仕入れ、緑茶は時期により、美味しい産地のお茶屋さんから仕入れているようだ。店主はお茶の香りに魅せられ、本当に美味しいお茶とお酒を美味しく飲めるお店を出したい。とお店を始めた。

IMG_1170.JPG
駅の繁華街から、少し外れた場所に店を構えているが、美味しい味を知ったお客さんは、又通う事が多いらしい。今後は紅茶の茶葉にも挑戦をしていきたいとの事だ。

酎ハイスタンド 練屋
東京都練馬区豊玉北6-14-2
TEL:03-6875-6539

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 4.7

( 興味深い4.5 | 役に立つ5.0 | 誰かに教えたい4.5

コメントを投稿する

名前

性別

年齢

アイコン

コメント

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。