RSSフィード

毎日が月曜会

毎日が月曜会

2018年1月23日(火)14:53

どの肉料理とインフュージョン?自家製「漬け込み酒」で多種のメニュー展開。

記事への評価

★★★★★4.0

取材・執筆 : 富田佳代 2018年1月18日

キーワード :    

IMG_E0316.JPG
 新橋駅から程近い場所で、スタイルスグループが展開する「肉炉端TOKYO BAT」。インフュージョンサワーと題して「漬け込み酒」350円(外税)~、「漬け込みフルーツビネガーサワー」各430円(外税)がある。こちらの会社は鮮魚主体の炉端焼を得意とし、仙台から2014年に東京へ進出。現在は都内にも他4店舗を展開している。こちらのお店は、新橋のマーケットに合わせて炉端焼を魚から肉へシフトチェンジ。肉の種類は牛・豚・鶏・馬・ジビエなどの多岐に渡る。そんな多くの種類の肉料理を、より多く胃袋へ「インフュージョン」する為に飲み合わせるドリンクメニューとして、フルーツだけではなく、珈琲や紅茶等の素材も使った、自家製の漬け込みシロップを作成。定番メニューの他に、日替わりのおすすめメニューもあるそうだ。漬けてある瓶の中の色もカラフルで味も多様。食べる肉の種類によって、ドリンクの選択も幅が多い。

IMG_0309.JPG

肉炉端 TOKYO BAT
東京都港区新橋 2-11-10 HULIC &New SHINBASHI B1F
TEL:03-6550-8720

この記事をどう思いますか?(★をクリックして送信ボタンを押してください)

興味深い
役に立つ 送信する
誰かに教えたい
  • 総合評価
  • 4.0

( 興味深い4.0 | 役に立つ4.0 | 誰かに教えたい4.0

コメントを投稿する

名前

性別

年齢

アイコン

コメント

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-1