RSSフィード

フードリンクレポート

2017年12月

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

 2010年代に入ってから、アメリカではニューヨークを中心にサラダバーと呼ばれる丼鉢のようなラージサイズのサラダボウルで食べる、ファーストフード型サラダ専門店が急増し、ハンバーガーに代わるアメリカ人の主食になる勢いだ。ニューヨークのサラダ専門店では十数種類以上のサラダ素材が店頭にディスプレイされ、顧客のリクエストに応えて店員が素材をピックアップし、これも顧客...

続きを読む

フードリンクレポート

2017年12月12日(火)19:37

熟成肉「听」の新業態「チョップドポンド」、サラダとステーキの大胆プレート!

サラダを主食に!ブレイクするサラダ専門店

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

 2010年代に入ってから、アメリカではニューヨークを中心にサラダバーと呼ばれる、丼鉢のようなラージサイズのサラダボウルで食べる、ファーストフード型サラダ専門店が急増し、ハンバーガーに代わるアメリカ人の主食になる勢いだ。ニューヨークのサラダ専門店では十数種類以上のサラダ素材が店頭にディスプレイされ、顧客のリクエストに応えて店員が素材をピックアップし、これも顧...

続きを読む

フードリンクレポート

2017年12月11日(月)18:55

焼肉「ふたご」第2の主力育成へ!サラダ専門店「グリーン ブラザーズ」の衝撃!

サラダを主食に!ブレイクするサラダ専門店

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 2010年代に入ってから、アメリカではニューヨークを中心にサラダバーと呼ばれる、丼鉢のようなラージサイズのサラダボウルで食べる、ファーストフード型サラダ専門店が急増し、ハンバーガーに代わるアメリカ人の主食になる勢いだ。ニューヨークのサラダ専門店では十数種類以上のサラダ素材が店頭にディスプレイされ、顧客のリクエストに応えて店員が素材をピックアップし、これも顧...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

シンガポールの友人の娘さんの披露宴に参加してきました。20人掛けのVIP円卓を中心に、10人掛け87卓。様々な人種が集まった900人の大宴会です。バブル期以来、

続きを読む

フードリンクレポート

2017年12月08日(金)17:53

シンガポール発サラダ専門店「サラダストップ!」が好調!FC展開を開始!

サラダを主食に!ブレイクするサラダ専門店

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

 2010年代に入ってから、アメリカではニューヨークを中心にサラダバーと呼ばれる、丼鉢のようなラージサイズのサラダボウルで食べる、ファーストフード型サラダ専門店が急増し、ハンバーガーに代わるアメリカ人の主食になる勢いだ。ニューヨークのサラダ専門店では十数種類以上のサラダ素材が店頭にディスプレイされ、顧客のリクエストに応えて店員が素材をピックアップし、これも顧...

続きを読む

フードリンクレポート

2017年12月07日(木)17:46

満腹感あるご褒美サラダで東京5店舗、「クリスプ・サラダワークス」は欧米人も満足する本物感が人気。

サラダを主食に!ブレイクするサラダ専門店

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 2010年代に入ってから、アメリカではニューヨークを中心にサラダバーと呼ばれる、丼鉢のようなラージサイズのサラダボウルで食べる、ファーストフード型サラダ専門店が急増し、ハンバーガーに代わるアメリカ人の主食になる勢いだ。ニューヨークのサラダ専門店では十数種類以上のサラダ素材が店頭にディスプレイされ、顧客のリクエストに応えて店員が素材をピックアップし、これも顧...

続きを読む

フードリンクレポート

2017年12月06日(水)16:31

新型チョップドサラダ専門店が群雄割拠!ベンチャー続々勃興!

サラダを主食に!ブレイクするサラダ専門店

写真

記事への評価 ★★★★★4.3

 2010年代に入ってから、アメリカではニューヨークを中心にサラダバーと呼ばれる丼鉢のようなラージサイズのサラダボウルで食べる、ファーストフード型サラダ専門店が急増し、ハンバーガーに代わるアメリカ人の主食になる勢いだ。ニューヨークのサラダ専門店では十数種類以上のサラダ素材が店頭にディスプレイされ、顧客のリクエストに応えて店員が素材をピックアップし、これも顧客...

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

浜松町の築地銀だこ3階に、同じホットランドの経営するスナック「屋根裏バー」があります。スタッフはバー風の制服をなのでちょっと距離感がありますが、一緒に

続きを読む

過去の記事

更に古い記事

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。