RSSフィード

フードリンクレポート

2016年11月

フードリンクレポート

2016年11月30日(水)12:00

  • トレンド

繁盛店は世の"禁煙化"に対してどのような店づくりをしているか。

業種や客層に合わせてフレキシブルに設定するプロダクトオブタイムの姿勢

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

近年の外食業界では喫煙環境の整備が進められているが、運営側としてはどのような考えを持ち、店づくりを行っているのか。そこで、自社ブランドとFCを含めた多彩な業

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 2013年にユネスコの無形文化遺産に登録され、世界で注目されている「和食」。しかし日本では若い人の間で和食離れが進み、日本食料理店では後継者や人手不

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月27日(日)17:07

  • ランダムトーク

「和民」、ムスリムに接近中。

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

「鳥貴族」が30年を迎えました。記念パーティーには招待客数の3倍、1200名もの社員を招き共に喜びを分かち合っていました。「俺が、俺が」ではなく、常に謙虚な大倉忠司社長らしいやり方です。社長と一緒に写真を撮ろうと女性社員が群がっていました。2000店舗、焼鳥チェーン世界一に向かうエネルギーがみなぎっていました。ランダムトークです。

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月24日(木)14:04

飲食店とたばこの正しい関係とは!?

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

 私は非喫煙者だが、飲食とたばこの煙はセットで付いてくるものだと認識している。しかし、2020年には東京オリンピック開催を控え、インバウンドの訪日外国人観

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月20日(日)21:33

  • ランダムトーク

デフレ忘年会2016、勝ち方。

写真

記事への評価 ★★★★★4.8

イートアンドのフラッグシップ、本格中華「磊磊落落(らいらいらくらく)」(東京・田園調布)で京野菜を使った創作中華と中国酒とのマリアージュの会に参加しました。中国酒を輸入し中国酒バーも運営する「黒猫夜」の方が紹興酒、台湾老酒、白酒、ミルク酒とユニークな中国酒を次々と料理に合わせて提供してくれました。中国酒はまだまだ荒いですが、これから洗練されてくる予感がしました。「近江牛サーロインと朝天唐辛子の西京味噌煮込み」が一押しでした。ランダムトークです。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

 看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにく

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月13日(日)22:02

  • ランダムトーク

クラフトビール、日米比較。

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

トランプ大統領決定の瞬間をニューヨークで体験しました。たまたま宿泊先のヒルトンがトランプ陣営の本部になっており、バーでは数百人が開票速報を流すテレビに釘付け。予測が動く度に大きな声が上がります。トランプ風にスーツに「Make America Great Again」と刺繍された赤いキャップを被る老人も深夜まで見守ります。トランプは東部、西部の都会ではなく、今まで目立たなかった中部の地方の人々の心を捉えました。「エリートさんよ、俺たちの事を忘れてないかい?」と。ランダムトークです。

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月11日(金)12:39

  • トレンド

熊が出る奥多摩の山間部にある釜飯「なかい」の連日行列ができる理由。

顧客が行きにくいからこそ流行る、隠れ家繁盛店の極意

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

 看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにくい、

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月09日(水)14:38

5000円のコースのみ、完全予約制ラーメン店「ゲンエイワガン」。来店回数で変わるラーメンの妙。

顧客が行きにくいからこそ流行る、隠れ家繁盛店の極意

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにく

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月07日(月)17:44

ダイヤモンドダイニングが店づくりの原点に返るため出店した紹介制「焼鳥 しの田」、「土佐料理 桂浜」。

顧客が行きにくいからこそ流行る、隠れ家繁盛店の極意。

写真

記事への評価 ★★★★★4.0

 看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにく

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

ニューヨークの日本酒居酒屋「酒蔵」。地元の方々に日本酒が愛されてました。巨大な木桶の中がトイレ、カウンター奥に並ぶ一斗樽、クーラー代りの小さな木桶。日本酒の世界観を演出すれば飲んでもらえる。同じビルの蕎麦店「蕎麦鳥人(とっと)」も大繁盛店で、日本酒のメニューは充実してますが、誰も日本酒を飲んでませんでした。演出は大事ですね。ランダムトークです。あっ、これからニューヨークマラソン走ってきます。

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月04日(金)17:25

"焼かない焼肉屋"「29ON」、クラウドファンディングで募集した会員権が即日完売。940万円集める。

顧客が行きにくいからこそ流行る、隠れ家繁盛店の極意。

写真

記事への評価 ★★★★★4.3

 看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにく

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月02日(水)20:02

マンションの一室で営業する「中村玄」。看板がないから狙った顧客だけが来る!

顧客が行きにくいからこそ流行る時代?!隠れ家繁盛店の極意。

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

看板がない、もしくはあっても気づきにくい店、会員制、紹介制、予約制の店、住宅街の中に紛れている、あるいは人里離れた僻地にある店など、顧客にとって行きにく

続きを読む

フードリンクレポート

2016年11月01日(火)22:30

中央線的な純文学世界。

大鶴義丹が行く ~私の外食ラバーズ~ vol.4

写真

記事への評価 ★★★★★4.3

高校生の時、文学青年のお約束のルートとして、太宰治の小説にハマった。代表作の「人間失格」に始まり、とくに後期の作品「斜陽」「トカトントン」「ヴィヨンの妻」「グ

続きを読む

過去の記事

更に古い記事

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-2
  • 広告L1-1