RSSフィード

アジア

タイの外食市場は、2010年に店舗数で12万9千店、1.4%増。金額で6675億バーツ(約1兆7千億円)、2.0%増。ユーロモニター調査。2000年、日本食ビュッフェ「OISHI」のヒットを契機に日本食ブームが始まる。2009年の米国調査会社調べで好きな料理の1位はタイ料理だが、2位には日本料理が上がった。主な外食企業は、MK Restaurant(タイスキ、やよい軒など)、Black Canyon(コーヒーショップ)など。注目のタイ市場の外食トレンド、外食ベンチャーの動向、出店をする際のノウハウ情報などを伝えます。

フードリンクレポート

2015年11月01日(日)18:38

  • ランダムトーク

日本酒には、ゴルゴンゾーラ。

写真

記事への評価 ★★★★★1.8

2年ぶりのバンコクに滞在中です。今年3月にオープンしたエムクアティアという商業施設のレストランフロアがユニークです。6階から9階まで螺旋状の坂道となっており、その両側に26店舗が並んでいます。驚かされるのは、内8店舗が日本料理店。全店の3割も占めています。寿司、懐石、洋食、しゃぶしゃぶ、海鮮丼、ラーメン、とんかつと多彩。バンコク・ベストレストランに輝いた「無限大」という高級割烹も最上階にあります。日本料理の人気は益々ヒートアップしています。ランダムトークです。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

株式会社リンガーハットが展開する「リンガーハット」タイ国バンコク店。リンガーハットグループの海外店舗は、現在アメリカ4店(うち1店は「六角浜かつ」)、タイ国1店、香港2店の計7店舗で

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★2.4

株式会社プレナスが 米国サンフランシスコに子会社を2月20日に設立する予定だ。資本金300万ドル。「やよい軒」ブランドに

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

株式会社リンガーハットは株式会社ハチバンと2月10日付けで資本業務提携契約を締結した。ハチバンの運営する「8番ラーメン」は直営・FCで国内136店舗、タイ王国を中心とする

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.3

株式会社つぼ八は、タイでラーメン業態「らーめん・餃子 大正亭」の展開を開始する。タイでエリアFC契約を締結している現地企業を通じて出店し、1号店はタイ中部のノンタブ

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

S1サーバーグランプリを主催するNPO法人繁盛店への道と、一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)が日本の接客を海外のサーバーに学んでもらう、おもてなしセミナーを

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

「キリン イチバン」ブランドで330mlと640mlの瓶2種を日本料理店など向けにプレミアムビールとして11月18日から販売を始める。価格はタイ国産ビールより約5割高の

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

ロイヤルホールディングス株式会社の100%子会社である株式会社テン コーポレーションは、本年7月10日にタイの大手飲食企業である CENTRAL RESTAURANTS

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★5.0

「S1サーバーグランプリ」を主催するNPO法人繁盛店への道は、一般財団法人海外産業人材育成協会(HIDA)に協力して、「日本のおもてなし」セミナーを11月に

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

フジオフードシステムのシンガポール子会社と、タイの大手ショッピングモール開発・運営企業である MBK Public Company Limitedの子会社で米穀の加工販売を行う

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

ロイヤルホールディングス株式会社は子会社、株式会社テンコーポレーションがタイの大手飲食企業である CENTRAL RESTAURANTS GROUP CO., LTD.と、「天丼てんや」のフランチャイズ契約を

続きを読む

経営者レポート

2013年5月19日(日)17:47

  • 外食リーダーレポート

「マンゴツリー」快進撃。景気とともにタイ料理人気も浮揚。

小島由夫氏 株式会社コカレストランジャパン 代表取締役社長

写真

記事への評価 ★★★★★3.7

タイ料理「マンゴツリー」が商業施設で次々と出店を重ねている。2012年は8店舗出店し、今年13年には3月に大宮1店舗、4月にグランフロント大阪に2店舗オープン。現在、仙台、

続きを読む

経営者レポート

2013年2月24日(日)17:23

  • U-10

バンコクの人気マグロ専門店。タイ人客で生き残り。

角南 安則氏 「魚やす」 エグゼクティブシェフ

写真

記事への評価 ★★★★★4.7

バンコクで2012年6月開店、マグロがウリの「魚やす」(日本村3F , Thonglor Soi 13, Sukhumvit 55)。日本人だけでなくタイ人富裕層にも人気を博している。角南シェフは世界を

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.0

2002年、ロンドンで誕生したIZAKAYAダイニング「ZUMA」。株式会社 スーパーポテト(代表 杉本貴志氏)がデザイン。日本人以外が作り上げた高級和食店。香港、イスタンブール、ドバイ、マイアミ

続きを読む

記事への評価 ★★★★★2.3

タイ・バンコクに久々に訪問しました。タイの実質GDPは2012年で5.57%と推測されています。シンガポールは同年2.08%であり、2011年の洪水の影響から完全に回復しています。2013年はさらに、5%の

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.5

タイ・バンコクで日本人街、商業施設を立地に焼鳥&もつ鍋居酒屋「天下一 なぎ屋」を6店舗展開しているのがオープンダイニング(東京都渋谷区)のタイ法人。タイに

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.0

ラーメン「8番らーめん」(石川県金沢市)はタイ現地企業、タイハチバンがFCとして展開。1992年に1号店を出店し、今年1月23日にタイ国内100店舗目をチェンライに出店した。バンコク市内には

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

秋葉原を中心にメイドカフェを展開する株式会社ネオディライトインターナショナルは、バンコク市内のショッピングモールに「めいどりーみん タイランド

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.7

タイの北部に位置する最古の都市チェンマイ。日本でいう青山通りといわれるNimanhemin通りは、観光客で集まるナイトマーケットや、なんでも揃うワロロット市場か

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

12月に商業施設ガンワォンワンNgamwongwanとバンケーBangkhaeにオープンさせた。「丸亀製麺」の株式会社トリドールはタイで現地のノドゥ社 Foods Co., Ltdと

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

サントリー子会社、井筒まい泉がタイの外食チェーン大手S&P Syndicate Public Company LimitedとFC契約を結び、バンコク都内の商業施設シーロムコンプレックス

続きを読む

フードリンクレポート

2012年12月02日(日)21:38

  • ランダムトーク

日本人相手に海外に出てどうする。

記事への評価 ★★★★★3.9

中国があんなことになって、日本外食の東南アジアへの進出が増えています。特に、東南アジアの首都とも言えるシンガポールと、滞在日本人が多いバンコク。バンコクは、中国から拠点を移す

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★0.0

タイのSyndicate Public Company Limitedが60%、梅の花が40%を出資して、MENOHANA S&P CO., LTD.をバンコクに設立する。湯葉と

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.0

業界No.1メイドカフェグループ「メイドカフェめいどりーみん」を展開する株式会社ネオディライトインターナショナルは、タイ・バンコクで日本食レストラン「Bistro SOBAQ」などを展

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★2.3

「タイの台所」ブランドを手掛ける株式会社アライドコーポレーション(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:氏家勇祐)は、タイ料理を学ぶうえで欠かせない約170種類の食材を

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★3.4

タイ・バンコクに本店を構えるタイ料理レストラン「マンゴツリー」の新業態「マンゴツリーカフェ」が「マンゴツリーカフェ☆バー」としてパワーアップ。

続きを読む

写真

記事への評価 ★★★★★4.0

 タイ・バンコクに本店を構える「マンゴツリー」は、イートインもテイクアウトもできる「マンゴツリーキッチン」を7月19日(木)に東京駅構内グランスタにオープンした。名物のガパ

続きを読む

Page Top

圧倒的なクオリティと情報量をお約束 会員向けサービスのご案内

メールマガジン登録(無料) 月曜・水曜の週2回、フードビジネスの最新情報を配信しています。

  • 広告L1-2
  • 広告L1-1